玉虫が事務所にやってきました。

協会職員の沖君が、クワガタを捕りに山に行った時、玉虫を捕って来てくれました。

私(池田)も玉虫を見るのは子供の頃以来見たこと無い気がします。
久しぶりに見ましたが、とても綺麗な昆虫です。
玉虫は成虫になるまでかたい木の中で3年~6年成長し6月~7月に成虫として出て来るそうで、成虫の寿命は2ヶ月ほどだそうです。
玉虫は死んでも色が変わらないため、玉虫の羽は工芸品の装飾材料として用いられ、法隆寺の宝物玉虫厨子の装飾に用いられていることでも有名です。
最近はクワガタやカブトムシもあまり見なくなり、これも温暖化と、環境破壊が原因なのでしょうか・・・

画像


画像


画像


画像


撮影 小川

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

はるわか
2009年07月11日 07:47
玉虫綺麗ですね。もう何年も前、裏庭に玉虫が
落ちていた事がありました。ブローチにしてとって置きたいほど綺麗でした。政治絡みで玉虫色って言う事がありますが、玉虫君に失礼ですね。命は短いそうですけど、本当に綺麗ね。
協会の玉虫存命ですか?。
2009年07月11日 10:42
コメントありがとう御座います。
私もたまむしの生きている姿を見たのは、20才頃です。本当に珍しいですよね玉虫ですが、実は自然に帰してやりました。小さな虫かごに入れていても死んでしまいますから又来年玉虫見れればいいのですが

この記事へのトラックバック