いずれがアヤメかカキツバタ?

皆さんは、アヤメとカキツバタとハナショウブの区別がつきますか?

私はつきませんでした(^^;
今回ブログにアップした花は、最初私はハナショウブと思いブログを作り、理事長に見てもらうと「やり直し、これはアヤメ」と言われてしまいました。
そこで、それぞれの見分け方を調べてみると、アヤメは水辺に関係なくどこにでも育つそうで、カキツバタは水辺でないと育たない、ハナショウブも水辺でないと育たないのですがカキツバタに比べ花が大きく,種類が豊富なのが特徴だそうです。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

♪ちかちゃん
2010年04月30日 23:03
いずれがアヤメかカキツバタ!花びらの模様も少し違います 枯れて散れば皆同じ♪富士の高嶺に降る雪も京都先斗町に降る雪も雪に変わりはないじゃなし溶けて流れりゃ皆同じ~
りんりん
2010年04月30日 23:54
雑学ですが・・アヤメは日本原産で、アヤメ科に属するアイリスがあります。オランダ原産で色が豊富で白、黄、紫の斑入り等です。花菖蒲と菖蒲の違いは、端午の節句にわかし湯に入れる菖蒲は花は黄緑色の小さく咲き葉が厄病にいいといわれてます。葉で見分けが難しい様です。花菖蒲これからが見頃ですね。ブログ楽しみにしてます。
2010年05月01日 21:03
ちかちゃん、りんりんさんコメントありがとう
和田川堤防では、あやめが、この季節あちらこちらで、美しく咲いております。ちなみに自分の幼稚園でのクラス名は、あやめ組みさんでありました。

この記事へのトラックバック