第10回 四国八十八箇所巡礼の旅に行ってきました。

7月2日に日帰りで、第10回 四国八十八箇所お遍路の旅に行ってきました。

画像


今回で、四国八十八箇所結願となります。去年の11月から始まりましたこの旅も終わりになります。
出発時は、雨が降っていましたがお寺に着いた時から雨があがりました。さすがニコニコチームです。最後まで雨にあわずに終りましたね。

86番札所志度寺に到着しました。
画像


本日最初の参拝です。皆さん、なかなか様になりましたね。
画像


87番菜長尾寺に到着しました。
画像


長尾寺にて参拝してますが、誰か一人お経じゃなくカメラ片手に参拝してますね。
画像


画像


画像


今回も東田先生と職員沖君が朱印を手伝ってくれました。
画像


最終88番結願所大窪寺に到着しました。
画像


最後の参拝も終り、皆さんも写真撮影で大忙しです。
画像


画像


着ていた白衣にも朱印を押していますね。
画像


最後は、集合写真を撮りました。
画像


昼食は一番札所のそばにあるうどん屋さんにはいりました。
画像


沖君も美味しそうに特大のうどんを食べています。
画像


画像


皆さん、美味しそうに食べていますね。
画像


画像


一番札所に帰って来ました。まずは、最初にも撮影した門の前にある人形との再会の記念撮影です。
画像


お寺の鐘をつくのも最後ですね。
画像


一番札所にて結願報告の参拝をします。
画像


画像


画像



参拝を終え、一番札所の境内にて自由散策です。
画像


約8ヶ月の思い出とともに一番札所で写真撮影をしています。
画像


織戸さんも白衣の朱印とともに記念写真を撮りました。
画像


最後に皆で記念撮影です。
画像


画像


最後にサプライズで、バルトの庭を見学しました。
画像



バルトの庭は、バルトの楽園の映画のセットを移築された場所です。
画像


画像



管理棟の前あった集会台の上の小川理事長が立っています。
画像



建物の中には当時の様子などが展示されていて、ガイドの方が説明してくれました。
画像


小川理事長が座っている場所は、板東俘虜収容所所長が座っていた場所です。
画像


最後は、酒保にて休憩をとりました。帽子を被り皆さん、兵隊になりきって記念撮影です。
画像


小川理事長も被ってハイポーズ!
画像


敬礼が似合っています。
画像


画像



このバルトの庭では、実際にあったドイツ兵と地元の方々との交流などを話してくれました。
画像


画像



さあ、これでお遍路八十八箇所も終りです。最後は高野山へ行きますよ。お楽しみに!
画像


ここからは小川理事長が撮影した風景写真を楽しんでください。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

♪ちかちゃん
2011年07月06日 10:06
結願おめでとう御座います 皆さん晴れ晴れとした表情で嬉しそう 真夏までに終了してやれやれですね 雨にも負けず風にも負けず宮沢賢治・賢子さん達お疲れ様でした 88カ所でもう一度行きたい所は? 難所ほど思い出に残っているよね おうどんの味も忘れない! 森先生ざるうどんの冷たいの私も大好き+氷も注文します 理事長さんの写真はアングルもプロですね バルトの楽園は実話で捕虜となったドイツ兵からパン作りやハム・ソーセージなど様々な文化・技術を日本人は学んだとか 第九も日本で始めて歌われたのがバルトです 捕虜は犯罪者でなく愛国者! 人道に扱うべきとの日本の武士道精神がドイツ兵との交流に繋がったのですね。
mannenseinen
2011年07月07日 09:48
理事長さん始めニコニコチームの皆さん、
無事結願された事、おめでとう御座います。
きっと目に見えぬ何かを得られたことと思います。
お遍路の旅、サプライズもあり楽しかったでしょうね。
天気に恵まれ、事故者もなく、なによりでした。
後は高野山だけですね、沢山の写真、有難う。
2011年07月07日 20:45
ちかちゃん、mannenseinenさんコメントありがとう御座います。昨年の11月より始まりましたお遍路旅、無事、事故無く、怪我無く、大難を小難に小難を無難にと、ご神仏の守護加護の下結願出来たこと嬉しく思います。いつもは、教室で挨拶程度のお付き合いでしたが、こうして皆さんのお供をさせて頂き、お一人お一人の心粋が良く分かりました。観光バスの旅も良いですが、生涯忘れえぬ旅となりました。もう後一息皆さんよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック