四国お遍路「講」をつくりました。

皆さん、こんばんは。


昨日のブログで紹介しました、お遍路の旅で講をつくりました。
そこで「講」というのは何か紹介したいと思います。

講とは、民俗宗教における宗教行事を行なう団体のこと、または、その行事・会合のことです。

小川理事長が今回からみんなで、四国八十八箇所、西国三十三箇所、その他神社仏閣をみなさんとお参りする機会が増えるかと思うので、この際「講」というグループで参りたいと思い、小川理事長が「紀州福じゅ講」と名付けてくれました。この意味については、小川理事長が今日から災害復興ボランティアで那智勝浦に行っていますので帰って来てから詳しくお知らせします。


画像



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

♪ちかちゃん
2011年09月22日 23:12
「紀州福寿講」いい名前ですね。 

この記事へのトラックバック