介護の豆知識 車椅子

今日は、覚えておくと役に立つような、介護の豆知識を紹介したいと思います。
車椅子の安全な使い方について、お話したいと思います。

実際には見るとやるとは大違い!
車いすの介助は、少しづつでも慣れないと難しいですよ。
この説明をみて、実際にやってみてください。

●移乗 
まず最初は、車椅子に乗る方を介助者がベッド等から移乗させる方法です。
双方にとって安全で負担の少ないことが大変重要です。

介助者が片足を相手の膝の間に差し込んで、腰を支えながら立ち上がらせます。

画像

介助者の膝で相手の膝を支えながら、車椅子のほうにお尻を向ける。
画像


ゆっくりと腰を下ろしてもらう。「1、2の3」などと声をかけながら、協力しあう。)
画像


■ 注意事項 ■ 
車椅子に座る前に、確実に駐車ブレーキが掛かっていることを必ず確認して下さい。


通院や散歩など、車椅子で外出の際には、焦らずゆとりを持った横断・走行を心がけましょう!

●一般の道路など
画像


車椅子の安全な使い方は『ゆっくり確実に』が基本です。
車椅子は歩行者として取り扱われます。歩行者としてのルールとマナーを守ることはもちろんです。

■ 注意事項 ■ 
外出の前にタイヤの空気圧など、車椅子の点検をしっかりしましょう。
下り坂は加速がつき危険です。いつでもブレーキがかけられるように、慎重に乗りましょう。
車道はできるだけ走らずに、歩道や十分な幅のある路側帯を通りましょう。


●上り坂

介助者(押す人)は体を少し前に倒して、押し戻されないように一歩づつしっかりと押します。

画像


●下り坂

坂が急なときにはブレーキを軽く使い、後ろ向きに一歩づつ下ります。
安全ベルトも必ずご利用下さい。

画像


 ●段差のある場所


●上るとき
ティッピングレバーを踏んで前輪を上げて(浮かせて)進み、続いて後輪を押し上げます。
画像


●下るとき後ろ向きで進み、まず後輪を下ろし、ティッピングレバーを踏んで前輪を上げたままゆっくりと後進します。

ティッピングレバー
画像


●階段など

階段等の上り下りは、基本的には二人以上で支えます。
一人は下から脚部のパイプを、もう一人は上から押手を持ちます。

画像


※車椅子の脚部が脱着式だったり、背折れ機能がある場合には、車椅子の本体フレームを持ちます。
※一段ごとに協力し、うまくタイミングを取って下さい。

■ 注意事項 ■
肘掛けや脚部が脱着式もしくは跳ね上げ式の車椅子は、人を乗せたままその部分を持って持ち上げないで下さい。
外れたり破損した場合、大変危険です。

今回は「車椅子の安全な使い方」でしたが、介護について「こんな事を教えてほしい」など、リクエストがありましたらどしどしコメントを入れておいてくださいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック