和歌山の老人ホームで虐待が!

今年の3月4日、和歌山の海南市にある老人ホームで虐待が見つかったそうです。

以下ニュースの記事

 和歌山県海南市の特別養護老人ホーム「南風園」で、複数の職員が認知症の入所者に対し、暴言を浴びせたり、強引に服を脱がせたりするなど虐待が疑われる行為をしていたことが4日、市などへの取材で分かった。和歌山県や海南市に隠し撮りの映像を収めたDVDが送られたことから判明した。

 市などによると、映像は約40分間で、「南風園利用者を守る家族の会」の名で1月中旬に届いた。複数の職員が脱衣場で、車椅子の入所者の服を強引に脱がせる様子や、「やかましい」などと暴言を浴びせる様子が映っていたという。

 市は、1月末に南風園に全職員への聞き取り調査を行うよう指示した。

 丸山直人園長は「決してよいといえるような介護ではなかった。不適切な言動があったことは間違いない」と話している。

 同園は1982年に市が設立。2006年から市社会福祉事業団(理事長=宮脇昭博副市長)が運営しており、認知症の高齢者ら約50人が入所している。宮脇副市長は「映像による事実だけでなく、全容を徹底的に解明していく。深く反省しなくてはならない」と話した。

(日本経済新聞より)

そちらの映像を見つけましたので掲載しておきます。

動画の見方
◎動画を再生するには、画面真ん中の再生ボタンをクリックするとスタートします。
◎下に出てくる企業広告は、広告の右上にある小さな×をクリックすれば消せます。
◎画面下に出てくるコメントは、右下にある吹き出しマークをクリックすれば消えます。

老人ホームで虐待か、映像に一部始終

こんな身近でこのような事件が起こるなんて信じられませんね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

和歌山のきーやん
2012年03月09日 05:13
真偽は知りませんが、元職員が録画したものを提供したらしいとも聞きました。

同じ和歌山県民として、人間として、
双方の状況もわかりますが、残念におもえてなりません。
♪ちかちゃん パート1
2012年03月09日 14:37
何とも悲惨!始めて映像をみました 老いて赤ちゃんに戻った人! 明日は我が身です 介護の問題は人間の尊厳にかかわる重たいテーマーです 足が滑ったのか 手が滑ったのか? その後の暴言など・・どうすれば暴言も含め無くなるのか スキルアップ&ベースアップ 介護従事者の地位向上 介護の職業に誇りを持てるよう待遇が改善されなければ この問題は後を絶たない! 他の仕事より報酬が良ければ・・より豊かな生活が出来れば・・心も豊かになり潤いのある豊かな心で接する事ができ 手厚い介護が出来るのです お金で幸せは買えない!と言うけれど 金がモノを言う? お金は喋らないけれど お金は雄弁で 人の心をも動かす強い力を持っています 介護の現場は体力のいる仕事で男性の力も必要です 今の高齢者は戦後の豊かな生活を築き上げた人達です 人は哀しい生き物で 生きてる限り平等に老いて行きます そして皆の問題です 私にも今一つ残された大切な仕事は如何に生を終えるかと言うことです 独断と偏見のコメント長くなりごめんなさい パート2へと・・・
♪ちかちゃん パート2
2012年03月09日 14:40
長くなりついでに 長~い作詩不詳の「手紙・親愛なる子供たちへ」を書き留めます “年老いた私がある日 今までの私と違っていたとしても どうかそのままの私のことを理解して欲しい 私が服の上に食べ物をこぼしても靴ひもを結び忘れても あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても その結末を どうかさえぎらずに うなずいて欲しい あなたにせかまれて繰り返し読んだ絵本の あたたかな結末は いつも同じでも私の心を平和にしてくれた 悲しいことではないんだ 消えて去って行くように見える私の心へと励ましの まなざしを向けてほしい 楽しいひと時に私が思わず下着を濡らしてしまったり お風呂に入るのを いやがる時には思い出して欲しい あなたを追い回し何度も着替えさせたり様々な理由をつけて いやがるあなたと お風呂に入った懐かしい日のことを 悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に 祝福の祈りを捧げて欲しい いずれ歯も弱り飲み込むことさえ出来なくなるかも知れない 足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったなら あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように よろめく私にどうかあなたの手を握らせて欲しい 私の姿を見て悲しんだり自分が無力だと思わないで欲しい あなたを抱きしめる力がないのを知るのは つらい事だけど私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい きっとそれだけで それだけで私には勇気がわいてくるのです あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように 私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと あなたに対する変らぬ愛を持って笑顔で答えたい 私の子供たちへ 愛する子供たちへ” ★ 老人が逝けば数多(あまた)解決するであろう世に残生哀しも・・
2012年03月09日 19:37
和歌山のきーやんさん、ちかちゃん、コメントありがとう御座います。介護職員の気持ちも分かりますが、やはりそれなりに知識と技術を身につけ、その要介護者等の状況は周知のはずと思われます。あの映像の中に、人としての尊厳を著しく傷つけている場面が何度もあり、この案件は真に残念な事と思われ悲しい限りです。
2012年03月10日 15:16
映像見ました。この様な事が全国各地で数が解らないほど有るのでしょう。この映像を見て皆さん、感じる事があるはずです。映像の掲載有難うございます。

この記事へのトラックバック