RSウイルスにご注意下さい!

今、世間ではノロウィルスの感染拡大や季節性のインフルエンザが流行していると報告しています。

さらに「RSウィルス」も昨年から大流行していると警告が出ています。

日本は今、まさに”ウィルスの嵐”の真っ只中という感じです。

<RSウイルス猛威、乳幼児注意 「高齢者も警戒を」>
 乳幼児の肺炎の原因となるRSウイルスが猛威をふるっている。患者数が過去の同時期と比べ最多の状態が続いている。専門家は乳幼児だけでなく、高齢者でも集団感染の恐れがあるとして警戒するよう指摘する。厚生労働省も注意を呼びかけている。
 
国立感染症研究所によると、12月3~9日の1週間で、全国の指定医療機関から報告された患者は4020人。1歳以下が全体の約7割を占める。小児科を基本にした調査のため、成人での広がりは不明だ。感染者が増えた原因もよくわかっていない。
 九州大の池松秀之特任教授は「高齢者の原因不明とされる肺炎の多くは、RSウイルスによる可能性がある」という。池松さんらは2008~09年のインフルエンザ流行に、発熱やせきなどの症状がある50歳以上の約400人を調査。ウイルスが検出された人の2割がRSウイルスに感染しており、インフルエンザウイルスに次いで多かった。

 東京都健康長寿医療センターの稲松孝思・臨床検査科部長も「日本では赤ちゃんの感染症と思われているが、高齢者への注意喚起が必要だ」と話す。RSウイルスは治療薬などがなく、予防が中心。感染が疑わしい乳幼児は高齢者に近づけないほうがいいという。

 厚労省は昨年11月29日、RSウイルス感染症について「Q&A」を公表。高齢者でも重症の下気道炎を起こすことがあることや、長期療養施設内での集団発生が問題になることなどを指摘している。

(朝日新聞デジタル・サイトより引用)

これら、ノロウィルス、インフルエンザウィルス、RSウィルス、いずれにも危険なのが高齢者です。

免疫力、体力とも弱っている可能性があると、感染リスクが高まるでしょう。

年末年始は何かと外出する機会が多く、それも人ごみの中が結構多いです。高齢者の方は、健康だと思っていても、外出の際はマスクをし、帰宅時は手洗い・うがいを必ず励行しましょう。


尚、RSウィルスはノロウィルスと同様にワクチンなどがなく、予防が大事で、発病の際は対症療法が主になるそうです。

また、インフルエンザにはタミフルのような特効薬がありますが、RSウィルスにはないそうです。
そのため、体力のない高齢者は重症化する危険があり、命取りになりかねません。

両方とも発熱や咳が症状としてありますので、区別が難しい場合もあるかもしれません。病院へ行けば、インフルエンザウィルスの検査キットもあり、すぐに区別がつくでしょうから、早めの受診が大事です。


厚生労働省では、RSウィルスについて「Q&A」のページを公開していますので、一度確認しておく方がいいでしょうね。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック