ちょっとしたパソコンの豆知識

こんにちは、講師の岡田です。

今日は息抜き程度にパソコンの「XP」や「vista」などの名前の由来について書こうと思います。
windowsシリーズは「95」から始まっていて、今は「8」までありますね。

・Windows 95
・Windows 98
・Windows 2000
・Windows Me
・Windows XP
・Windows Vista
・Windows 7
・Windows 8


という8個のシリーズがあります。
2000までは、そのパソコンが発売された年度になっていて安直ですね。

さて、この先からちょっと面白いです。
まず「Me」は2000年に発売されました。2000と同じ年度です。

画像


これは同年に発売された2000が一般の人向けではないため、もう一つのバージョンが作られました。
Meの正式名称は「Millennium Edition(ミレニアム エディション)」という名前です。

2000年=ミレニアム

とつなげた感じですね。
実際のところ本当はGeorgia(ジョージア)という名前にする予定でしたが、急遽変更されました。
ただし、完全に失敗作のパソコンです。
販売期間はおよそ1年ちょっとらしいです。

その1年後にはXPが登場しています。

画像


そんな「XP」は「経験・体験」を意味する「Experience(エクスペリエンス)」が由来です。「ユーザーの一人ひとりへ最高の体験を提供する」という意味が込められているそうです。


そしてVista!

画像


最強のセキュリティシステムを装備して、2006年にリリースされたOSが「Vista」。イタリア語で「眺望・光景」を意味する言葉。

「混乱を解消し、あふれる情報を整理し、未来を垣間見せる」という願いを込めて、この名が付けられたとされるが・・・
「混乱を起こし、あふれる情報で埋め尽くされ・・・」という残念な感じになっていますね。

7や8は7番目のシリーズ、8番目のシリーズという感じに安直の形に戻っています。

画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック