CD-Rの活用法

パソコン教室で結構質問が多いのが「CDの焼き方がわからない」と言うのがあります。


一番簡単にCDを焼くにはソフトを使うのが一番簡単なのですが、問題は皆さんのパソコンにはソフトが入っている方と、入っていない方、又入っていても色々な種類のソフトがあります。
その為個別に教えていくわけにもいかないので教室ではこの授業は行えていないのです。
ですのでブログで協会のパソコンに入っている「Roxio」(ロキシオ)と言うソフトを使ってCDを作成してみます。
先ずソフトを立ち上げつくりたいCDの種類を選びます。
画像

今回は画像を保存するので「データディスク」を選びます。
次のこの画面が出てきますので四角で囲んだ部分に保存したいファイルや画像をドラッグします。
その時にばらばらのファイルでも構いませんし、ホルダーを作ってホルダーごとドラッグしても大丈夫です。
画像

保存したい画像やファイルをドラッグし終わると左下に今どのぐらいの量をCDに保存するかをCDの形の円グラフで表示されます。
画像

容量がオーバーしたときはファイルか画像をドラッグした中から削除して容量を調節します。
それが終われば右の丸いボタンをクリックすればCDを作成し始めます。
画像

作成が終了するとこの画面に変わります。
画像

完了をクリックして終了です。
同じものを作成するときは先ほどの丸いボタンをクリックするとおなじCDが作成できます。
ソフトによって多少画面のレイアウトなどが変わるかもしれませんが、行程はほぼ同じだと思います。
先ず作成するCDの種類を選び、保存する画像やファイルをドラッグする、そして作成ボタンをクリックすると言う順番になります。
一度自分のパソコンでどんなソフトが入っているのか探してみるとよいかもしれませんね。
代表的なソフトとしては今回使った「Roxio Creator」「WinCDR」「B's Recorder」などがあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック