エクセルでワンランク上のグラフを作る

エクセルでは、さまざまな形式のグラフが作れます。同じデータでも、グラフの作り方ひとつで印象は大きく変わるものです。


以下の表は、Aさん、Bさん、Cさんが共同で開催しているバザーでの売上の記録です。

画像


これをまとめて棒グラフにすると、以下のようになります。
ただ3人の売上金額と合計金額のすべてが並んでいる必然性がなく、わかりにくいグラフになってしまっています。

画像


このグラフでは、Aさん、Bさん、Cさん、合計と全部で4本ずつの棒グラフができていますが、3人の売上は比較したいけれど、3人の売上と合計金額を比較する必要はありません。合計金額は、全体としての売上の推移を確認できることが重要なので、こちらは折れ線グラフにしたほうがわかりやすくなります。
そこで、グラフ中の「売上合計」だけを折れ線グラフに変更してみましょう。グラフの種類の変更機能を利用します。

画像

(グラフから「売上合計」のグラフの部分を右クリックして[系列グラフの種類の変更]をクリックします。)

画像

(折れ線グラフを選択して[OK]をクリックします。)

このように、一つのグラフの中に棒グラフと折れ線グラフを同時に入れることができます。

画像


一度皆さんも挑戦してみては?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック