雷対策・・・

落雷は、珍しいことではありません。

落雷により、瞬間的に高圧電流が流れることや

その電流そのものを「雷サージ」と呼びます。

この雷サージが、コンセントを通じて、コンセントに

つながった電気製品をあっという間に壊してしまう。

「雷サージ」は電線やアンテナ線、電話線などから

建物に侵入します。

また、雷が落ちた時に「サージ電流」がどこに流れるかは

わかりません。

知人も、落雷によりビデオレコーダーが壊れました。

たくさんのパソコンやサーバーを使用している

会社でも、雷ガードをもった無停電装置を

装備しているのも少なくありません。

我々個人もパソコン等、コンセントにつないでいます。

危険からは回避したいです。

そこで

雷サージ対策★2つの方法

雷サージによる家電の破壊を防ぐには、次の2通りの

方法があります。

方法1 コンセントから電源プラグを抜いてしまう。

雷が鳴り始めたら、「電源コード」「ACアダプター」などを

コンセントから抜く。万が一近くで落雷があっても、

雷サージに家電が破壊されることは、ほぼありません。

当然、コードを抜いている間は家電が使えませんが、

雷から守る最も確実な方法です。

しかし「その場にいないと対応できない」のがネックです。


方法2 雷ガード用品を使う

コンセントから侵入してくる雷サージに対処できるのが、

「雷サージ対応タップ」などの雷ガード用品。

家電とコンセントの間に取り付けることで、雷サージを

減少させ家電をまもってくれます。

サージ電流の吸収回路がはたらいてくれるのです。

「使い捨て」になりますが、取り付けておけば留守中も

家電を守ってくれるので安心です。

電源タップやコンセントコードを買うときは

「雷サージ対応付き」タップやコンセントを

買うのがお薦めです。

ただし、完全ではありません。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック