花粉症の季節です(>_<)

皆さん、こんにちは。 森谷です。
画像



今回は、花粉症についてです。
3月はスギの花粉が飛散するピーク(>_<)!!
スギ花粉のピークが終わると、ヒノキの花粉が飛散し始め、 5月頃まで続きます。
毎年、花粉症に悩まされ、つらい思いをしている方が多いのではないでしょうか?

今や5人に1人がかかっているといわれ、国民病となった花粉症。
この時期だけでなく、1年を通じた食生活の改善で、症状を軽減させることは出来ます。
アレルギー症状を防ぎ、免疫機能を調える食物をいくつかご紹介します。

★免疫機能を調える
ビタミンB6→レバー・青魚・まぐろ・かつお・椎茸やえのき茸などのキノコ類
ビタミンB6は、免疫機能を正常に維持する働きがあり、不足するとアレルギー症状が出やすくなります。



★アレルギー症状を抑える
ビタミンC→菜の花・ほうれん草・さつま芋・いちご・みかん
炎症やかゆみに大きく関係している活性酸素。活性酸素を防ぐには、抗酸化作用のあるビタミンCが不可欠です。
※和歌山の熊野地方でとれる「じゃばら」がすごく効くと言われており、即効性があり、じゃばらのジュースを飲んだ途端に鼻が通るそうです!


★皮膚や粘膜を保護し、免疫力を高める
βカロチン→人参・ホウレン草・かぼちゃ・ピーマンなどの緑黄色野菜
ビタミンCやβカロチンは、青魚などに多く含まれるEPA・DHAが体内で酸化されるのを防ぐ作用があります。


★花粉症の症状を和らげる成分を取り入れる
乳酸菌→ヨーグルト・チーズ・乳酸菌飲料。免疫力を高めます。乳酸菌の一種であるビフィズス菌は、アレルギー症状の緩和に不可欠なビタミンB郡を合成する働きがあります。

カテキン→日本茶・紅茶・ウーロン茶
緑茶などに含まれるカテキンには、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが過剰になると調整する働きがあります。またカテキンや甜茶(てんちゃ)の成分に含まれるポリフェノールには、強い殺菌・消炎作用がありますが、紅茶やウーロン茶は発酵過程で半減してしまいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック