公共機関をかたるニセ電話にだまされないで!

最近公共機関を装いニセ電話で詐欺にあう事例が発生しています注意してください!!

画像

実例

詐欺A「生活相談センターの者です。3つの会社に漏れたあなたの個人情報を削除しています。」

〇さん ・・・生活相談センター?県の機関かしら?

詐欺A「あと1社だけ消すことができません。ボランティア団体のAさんに名義変更することで、個人情報を消すことができますがどうしますか?」

○さん「はい、お願いします」

こう言う電話があり、○さんは名義変更する事をお願いしてしまいました。

その後

詐欺B「ボランティア団体のAです。被災地支援のため、あなたの名義で車椅子を購入しました。」

○さん ・・・ちょ、ちょっと

詐欺B「必ず返すので300万円立て替えて下さい。そうしないと警察に捕まりますよ。」

注意ポイント
◎事前に別の公共機関を名乗り、年齢や性別、ひとり暮らしかなどを問い合わせる電話が、かかってくることもあります。
◎不審な電話が多いと困っている人には、留守番電話機能や自動通話録音機などを利用していると伝えましょう。

対処方法
◆公的機関が「個人情報がもれている」などと電話をかけることはありません。このような電話がかかってきたら、すぐに切ってください。
◆県や国の機関を名乗る電話がかかってきても鵜呑みにせず、消費生活センターに相談しましょう。

和歌山消費生活センター
〒640-8319
和歌山市手平2丁目1-2 県民交流プラザ和歌山ビッグ愛8F
073-433-1551

介護支援専門員
和歌山県消費生活サポーター
大西 奈々

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック