台風に備える

皆さん、こんにちは。 森谷です。

画像


今週末、また台風がやってきますね。
今回は、健康情報ではありませんが、以外と知らない台風の知識と備えについて少し お伝えしたいと思います。

台風は熱帯の海の上で生まれる低気圧です。
その熱帯低気圧のうち。最大風速がおよそ17m/s以上のものを「台風」と呼びます。

台風の仲間である大型の熱帯低気圧は世界の色々なところで生まれています。
これらはどこに存在するかによって名前が異なり、 強い(最大風速33m/s以上)勢力をもった台風が東経180度より東に進んだ場合は「ハリケーン」と呼ばれます。

●サイクロン・・・インド洋、南太平洋

●ハリケーン・・・太平洋 (赤道より北で、 東経180度より東)、大西洋
  
●台風(タイフーン)・・・東アジア周辺の太平洋(赤道より北で、東経180度より西)
画像


★台風に備える
台風は事前に備えができる災害ですが、今から出来る準備はしっかり整え、危険から身を守りましょう!
①非常用品を備蓄する。
ライフラインが途絶えたときのことを想定して、非常用品をそなえましょう。
断水に備えて飲料水の確保や浴槽に水を張るなど生活用水の確保、非常用持ち出し品の準備。

②近隣の建物や道路を知る。
土砂災害や鉄砲水になるか見分けるためには、平常時と異常時で、濁流の流れる方向や速さの違いを普段から確認しておくとよいでしょう。

③床上浸水対策をする
家財や家電などは浸水の被害を受けないように、高所や 二階に移動させましょう。電気コンセントは漏電、ショート、関電など発生する可能性があるので、コンセントは抜きましょう。また、窓や網戸など補強しておきましょう。

★接近したら
増水した用水路、海岸などは高潮の恐れがあるので、近づかないようにしましょう。もちろん危険な屋外での作業も絶対にやめましょう。
外出は控え、台風情報などで確認しながら、避難勧告がでた場合はすみやかに避難しましょう。

大規模な災害が想定される場合は、一人ひとりが【自分たちの身は自分たちで守る】という意識を持って、早めに安全対策をするなど防災意識を高めることが重要です!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック