牛乳いろいろ・・・・・

画像


牛乳は、いろんな種類が売られてます。

牛乳や牛乳もどきなどいろいろです。

一般的に、牛乳は4つの種類に分けられます。

.「成分無調整」「牛乳」

搾乳したままの生乳を加熱殺菌したものが

「成分無調整牛乳」と定義されています。

生乳100%を原料とし、水や他の原料を加えたり、

成分を減らすことを一切しません。

正真正銘の牛乳です。


.「成分調整牛乳」とは読んで字のごとく調整した牛乳

生乳の一部の成分(水分、乳脂肪分、ミネラルなど)

を除去するなどして調整をしているものです。


「低脂肪牛乳」は脂肪だけを減らしたもの

「成分調整牛乳」の仲間。生乳から遠心分離で

乳脂肪分の一部を減らして低脂肪に仕上げたもの。


「無脂肪牛乳」はより乳脂肪を取り除いて

「成分調整牛乳」の仲間。低脂肪よりさらに脂肪を

取り除き、乳脂肪分を0.5%未満にしたもの。

生乳から取り除かれた脂肪分などは、バターやチーズ

などの加工品に使われるため、成分調整牛乳は、

成分無調整の牛乳よりも低価格であることが

多いようです。

乳脂肪分の量が牛乳のコクに影響するようです。

牛乳パックに「3.5」や「3.8」など大きく数字が記載

されている場合がありますが、これは乳脂肪分の割合

を表しています。

これらも、牛乳です。


牛乳以外では、加工乳があります。

生乳にバターや脱脂粉乳(スキムミルク)など他の

乳製品を加え、成分を調整したものを「加工乳」と

いいます。加えてもよいものは乳製品と水だけに

限定されています。

脂肪分を高めた「特濃」や、脂肪分を減らした「低脂肪」

の2つが多いようです。


その他では、 乳飲料があります。

生乳に他の乳製品以外の原料を加えたものが「乳飲料」

です。

加工乳が「乳製品と水だけ加えても良い」ということに対して、

乳飲料はカルシウムやビタミン、鉄分を増やした

栄養強化タイプ、また、コーヒーや果汁などを加えた

嗜好飲料タイプなどバリエーションが様々です。

昔の「コーヒー牛乳」は、現在「牛乳」の文字が消えています。

「牛乳」と表記ができなくなり、乳飲料となったためです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック