新元号  ?

年号は誰がどのように決めるのでしょうか? 

元号法では元号を政令で定めるとしているだけで、

具体的な決定方法は定められていません。

例えば、「平成」の元号が決まる際は下記の手順で

決まりました。

画像


漢文学や国文学関連の大学教授ら有識者が候補を

考案しました。「平成」という元号は安岡正篤という

陽明学者が考案したものとされてます。

原則、内閣官房長官が選定。

つづいて閣議で協議。

国民を代表する形で衆参両院議長の意見を聞く。

そして、閣議で決定。

条件としては、国民の理想としてふさわしいような、

よい意味を持つものであること。

漢字2文字であること。

書きやすいこと。

読みやすいこと。

これまでに元号または送り仮名として用いられたもので

ないこと。

俗用されているものでないこと。

ちなみに、当時、「平成」のほかに「修文」と「正化」という

候補が出ており、それらは、ローマ字表記の頭文字が

昭和と同じ「 S 」で不都合なのではないかという意見が

出たため、全員一致で「平成」に決まったそうです。

もちろん、正式公表ではないです。

これら過程での情報は、反対意見もありますが

原則、秘密事項とされてます。

尚、「昭和」の由来は、四書五経の一つである

『書経尭典』の「百姓昭明、協和萬邦」によるものです。

「平成」の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成

(内平かに外成る)」、『書経』大禹謨の「地平天成

(地平かに天成る)」に由来するそうです。


これまで、元号の出典は中国の古典から採用することが

慣例でしたが、

新元号案には国書を由来とするものが含まれている

ともいわれてます。

保守派層に配慮した安倍首相が「新元号は日本の

書物から選びたい」ともいわれている為です。

さらに安倍首相が自分の名前の一文字を元号に使うので

はないかと噂にもなっていますが、実際、新元号の

候補には、『安』の字が使われたものが残っているようです。

候補のひとつは『コウアン』という情報もあるみたいです。

漢字では『光安』か『康安』と書かれるそうですが。

ただ、事前に流布された名前は、絶対に元号には

採用されないので、すべて発表当日待ちです。

はたして何になるのでしょうか ?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック