発熱・・・

まもなく、風邪のシーズンが終焉を迎えます。

暖かい春の到来です。


ただ、寒かった時期は、風邪が横行していました。

風邪で、やっかいな一つとして発熱があります。

画像


高熱ならインフルエンザが疑われるし

微熱では、体調が最悪になります。

熱がなければ、クシャミや鼻づまりは不快ですが

生活に支障はあまりないのですが。


それでは、何故、発熱が起こるのでしょうか ?

調べてみました。

人間の体は、体の外からウイルスやバイ菌などの

病原体、異物が侵入してきたときに、白血球という血液

の成分が動き出し、その病原体や異物をやっつけよう

とします。

白血球は体内の「警察官」の役割であり、悪いものを

捕まえて、やっつけます。その警察官の役割である

白血球は、体内では、平熱ではなく、高い温度のときに

もっぱら働きだすとわかっています。

そのために、「熱が上がる」という体の反応が、白血球を

働かすための合図となり、体を守る防衛反応になると

いうわけです。

結果、発熱中は、白血球が、病原体や異物と戦っている

証拠でもあるわけなのです。

さらに、風邪などのウイルスは、人の体温が高ければ

繁殖力が弱まる性質を持っています。

そういう不思議な自然の理由から、体が自ら発熱を行い

ウイルス等を駆除するということになります。

ただ、この時、単に熱さましの為に、薬を飲んで無理に

体温を下げるということは、自然の治癒力に反すると

いうことにはなるそうです。

しかし、発熱は風邪だけではありません、

素人では、判断できません。

熱が高く意識状態が悪い、ぐったりして反応が悪い、

顔色が悪いといった症状などは、他にどんな悪い

原因が隠れているかもしれません。

速やかに、医療機関を受診することは当然です。

素人判断ほど怖いことはありません。

ただ、風邪だけで熱が出た時の原因は

そういった体の不思議な力が働いている時

なんだなということも、また事実ではあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック