夏!! 歯周病が悪化?

皆さん、こんにちは。 森谷です。

歯周病.jpg


毎日、猛暑猛暑が続きますね。まだまだ、水分補給はこまめに必要ですね。

ところで、この水分!

お口の中では唾液ですが、この水分が大変重要な役割をしており、とくに暑い夏で水分が不足するとお口の中でも悪い影響が出てきます。
「歯肉炎」になったり、「歯周病」が悪化したりします。

そこで、今回は「夏に歯周病が悪化しやすい?」についてです。

もちろん、悪化の最大の原因は歯磨き不足によるお口の中の環境悪化ですが・・・・
その他のものとして・・・・夏に起こりやすい事態といえば・・・・
水分不足によるお口の中・歯ぐきの乾燥です!
歯ぐきが乾燥すると「歯肉炎」が引き起こされ、進行すると歯周病へと悪化してします。歯ぐき自体のコンディションの悪化です。

また、夏の猛暑による体調不良!いわゆる「夏バテ」も影響します。
体調不良により全体的な免疫力が低下し、歯周病菌などのバイ菌に対する抵抗力も低下、バイ菌の活動が活発化してしまいます。

また、暑さで喉が渇きます。するとキンキンに冷えた!冷たくて甘い「炭酸飲料」や「ジュース」を飲みたくなり、ついグビグビ!!
しかし、甘い味だと、また喉が渇きます。
さらにまた、グビグビ!
結果、糖分の過剰摂取となり、「夏太り」や「虫歯」「歯周病」の進行や悪化につながってしまいます。

さらに冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎによって、胃腸の調子も悪くなりがちです。東洋医学では、胃腸の調子と歯周病が関係しているということも言われています。

夏は、体の外側と内側の両方からダメージを受け易いです。
そろそろ「夏バテ」を感じてくる方も多くなってくるのではないでしょうか?

ビタミン豊富な栄養をしっかり摂って、水分補給をこまめに行い!冷たい飲み物や食べ物の摂りすぎに注意して、体調管理に気をつけてください。


そうすることで、お口の中も健康になり、「夏の歯周病の悪化」は防げるはずです。

0

この記事へのコメント