夏バテ予防 夏野菜を食べよう 季節の健康情報

皆さん、こんにちは。 森谷です。

夏野菜.gif

今回は、今が旬の夏野菜をご紹介したいと思います。夏野菜とは、夏に収穫される野菜を総称したものです。近年は温室栽培ができるため、1年中スーパーマーケットで手に入れることのできる野菜が多くあり、野菜の季節感が失われてきています。
暑さとともに旬を迎える夏野菜を食べて、夏バテに負けない体をつくりましょう!!


夏野菜を食べるといいことは?
夏野菜は強い太陽の光を浴びて育ちます。旬の野菜はみずみずしく、栄養素がたっぷりと詰まっています。特に、夏野菜は紫外線から身を守るために抗酸化作用のあるβ‐カロテン、ポリフェノール類、ビタミンCやビタミンEなどが豊富に含まれています。また、水分やカリウムが豊富に含まれるものも多くあり、体に水分を補いつつ、カリウムの利尿作用により体から熱を出して、ほてった体を冷やしてくれる働きもあります。


夏野菜の種類と栄養素
トマト、ナス、きゅうり、かぼちゃ、ピーマンなどが代表的ですね!夏野菜は緑や赤など色が濃く彩りがよく食欲もそそります。夏野菜とその栄養素をみていきましょう。


トマト
リコピンが豊富です。リコピンはβ‐カロテンの倍もの抗酸化作用があり、がんや動脈硬化の予防にもなるといわれています。熱に強く、油によって吸収率が高まるので、油での調理がオススメです!

ズッキーニ
見た目はきゅうりにそっくりですが、実はカボチャの仲間です。カリウムが多く含まれるため、暑い夏によいでしょう。薄くスライスをすれば生でも食べられるので、サラダにもなります。

えだまめ
たんぱく質やビタミンC、食物繊維が多く含まれます。また、アルコールの分解に必要なビタミンB₁も含まれているので、ビールのおつまみにぴったり!塩のかけすぎと、アルコールの飲みすぎには注意をしましょう。

かぼちゃ
β‐カロテン、ビタミンE、ビタミンCなどの抗酸化作用がある栄養素が豊富です。β‐カロテンは体内でビタミンAになり、肌や粘膜を丈夫にしてくれます。また、葉物野菜よりもずっしりと重みがあるので、1食の野菜摂取量を増やしてくれます。

とうもろこし
ビタミンB₁、ビタミンB₂、カリウム、マグネシウムが含まれます。水からゆでると風味が逃げずにふっくらおいしくなります。スナック菓子やケーキの代わりにおやつとして食べれば、食物繊維も豊富に取れます。

オクラ
β‐カロテンやカリウムが含まれます。オクラのネバネバはムチンという水溶性食物繊維で、胃腸を整えてくれます。冷たいものばかり食べて胃腸の不調が現れる前に、積極的に取り入れたいですね。

夏野菜の食べ方
抗酸化作用があるビタミン類は、特に表面の皮の近くに多く含まれています。そのため、皮のまま食べられる野菜は泥などをよく洗って、そのまま食べるのが良いでしょう。皮を剥く場合でも、硬い部分をとる程度にとどめるとよいでしょう。また、β‐カロテンやリコピンなどは、油と一緒に食べると吸収率が高まります。油を使って加熱調理したり、サラダならオリーブオイルなどをかけるのがオススメです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント