暑くなり始めが肝心! 「熱中症」の予防と対策

皆さん、こんにちは。 森谷です。

熱中症.png

急に暑い日が増えてきたみたい。去年は熱中症になった人がいたから、注意しなくちゃ。でも、暑くても外出しないわけにはいかないし。自分で熱中症を防ぐ方法って、あるのかな……?


●暑さに慣れるには時間が必要
熱中症といえば、真夏にかかるものと思っていませんか。実は、熱中症は毎年、梅雨明けの7月下旬~8月上旬に多く発生します。特にまだ暑さに慣れていない梅雨明けには、熱中症によって救急車で運ばれる人や亡くなる方が急増します。

人間は、体温が高くなり過ぎないように汗をかいて調節していますが、暑くなり始めてから3~4日たつと、汗をかくための自律神経が素早く反応できるようになり、体温上昇を上手に防げるようになります。ところが暑くなってすぐはこの反応がまだスムーズにいかないため、梅雨の合間に突然気温が上がった日や、梅雨明け後の急に暑くなった日などは熱中症になりやすいのです。


●こんな人は熱中症になりやすい
同じ気温や温度の下で同じように過ごしても、熱中症になる人とならない人がいます。また、同じ人でも熱中症になる場合とならない場合があります。その違いはどこにあるのでしょうか。

高齢者や乳幼児は体温調節機能が弱いために熱中症にかかりやすくなります。また、ケガや脳卒中の後、手術後などは、外出する機会が少ないこともあって暑さに体がなかなか順応しないため、熱中症のリスクが高まる傾向があります。そのほか、糖尿病や高血圧、心不全などの病気がある人は、病気そのものや、症状を抑える薬が汗をかく機能を低下させることがあるため、熱中症にかかりやすいといえます。


●こんな時は熱中症になりやすい
熱中症の発症にはその日の体調が影響するので、同じ人でも体調によっては熱中症にかかる危険性が高まることがあります。
急に暑くなった日や、暑いところで活動する日には、熱中症にかかりやすい状態になっていないか、下記でチェックしてみましょう

・風邪などで発熱していないか
・下痢をしていないか
・二日酔いをしていないか
・朝ごはんは食べたか
・寝不足になっていないか

発熱、下痢、二日酔いはいずれも脱水症状を起こしやすい状態です。また、体温調節に欠かせない汗は、血液中の水分と塩分から作られるため、食事抜きの状態では汗をかきにくくなります。寝不足は自律神経の働きを低下させるため、体温調節機能がうまく働かなくなります。こんな時に暑いところで活動することは避けましょう。


●暑さに備えた体づくりも大切
暑さに慣れやすい体かどうかも、熱中症のなりやすさに関係があります。
日頃から「ややきつい」と感じる程度のスピードで毎日30分程度ウォーキングを行うなど、汗をかく習慣をつけておくと、梅雨の後の急な暑さにも慣れやすくなり、熱中症にかかりにくくなります。これからウォーキングをする場合は暑すぎない日や場所を選んで、水分を十分に補給しながら行いましょう。
また、入浴も効果的です。浴槽に43~44度の熱いお湯を浅く張り、膝から下とひじから下をつける「手足高温浴」や、40度前後のお湯を浴槽に張り、みぞおちから下をつける「半身浴」で汗をかくまでじっくり温まるとよいでしょう。この時も入浴前後にしっかり水分補給することを忘れずに。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント