ビールと発泡酒・・・

最近は、ビールより発泡酒の方が人気があるようです。
美味しいというよりも酒税の違いで、安いからでしょう
か ?
嗜好性の問題ですから、それは、わかりませんが・・・。

ちなみに、2018年4月1日、日本における「ビール」
の定義が変わりました。これによって、中身は同じ
なのに「発泡酒」が「ビール」表記に変わったり、
変動もありました。
「ビール」と「発泡酒」の区別は、日本の法律で
決められた定義に基づいています。
海外の法律では「ビール」であっても、日本の法律上
「発泡酒」となってしまう銘柄があります。
世界的に「ビール」とは、麦芽・ホップ・水に酵母
を加えて発酵させたものです。
さらに、ビールの味を調整したり、香味に特徴を出す
ために、副原料が使用されることもあります。
この副原料が、ビールの定義を決めるポイントにも
なります。
「ビール」と「発泡酒」の違いは、麦芽比率と副原料
の内容・使用量にあります。
麦芽比率とは、ホップと水を除いた原料の質量中、
麦芽が占める割合のことです。
そこで
「ビール」の定義
・麦芽比率50%以上であること。
・副原料の重量の合計は、
 使用麦芽の重量の5%の範囲内であること。

「発泡酒」の定義
ビールと同じ原材料を発酵させたもので、
・麦芽比率50%未満のもの
・麦芽比率50%以上であっても、
 ビールに使える原料以外の原料を使用したもの
・麦芽比率50%以上であっても、
 規定量を超えて副原料を使用したもの
ただし、同じ発泡酒の中でも副原料が境目に
なってビールの値段がかわることがあります。
「ビール」より安くなるのは「麦芽比率50%未満の
発泡酒」のときです。
発泡酒表記のクラフトビールの値段は、麦芽比率
50%以上のため発泡酒なのに安くないのです。
麦芽比率が50%以上の発泡酒は、ビールと同じ酒税が
掛かっているので、ビールと同じ価格設定になります。

話はかわりますが
レストランや居酒屋で飲むとき、生ビールを注文する
人は多いです。

生ビールと普通のビールの違いは何でしょう ?

それは、ビールのつくり方にあります。
 ☆ ろ過・熱処理です。
この工程で熱処理を行ったビールを「熱処理ビール」と
呼び、熱処理を行わないビールを「生ビール」と呼びます。
熱処理は、50~60℃という比較的低い温度帯で処理が行われ
ます。この「熱処理」、ビールづくりにおいてとても大切
なのです。熱処理を行う理由は主に2つです。
熱処理を行う理由
(1) 酵母の働きを止めること
(2) 醸造の工程で混入した雑菌の活動を可能な範囲で止めること
ビールをおいしくするために大切な役割を果たす「熱処理」。
昔はこの処理を行うのが普通でしたが、醸造の技術が向上し、
現在は、大手メーカーが造るビールは、熱処理せず、ろ過に
より酵母を除去した「生ビール」が大半です。
ですから、普段スーパーやコンビニで見かける缶も瓶も
「生ビール」が大半です。
レストランや居酒屋でしか生ビールが飲めないわけでは
ないのです。
それでは、逆に、熱処理したビールにはどんなものがあるの
でしょう。
例えば、キリンのクラシックビールなどです。
缶などの横に表示されています。
915.jpg
一度、飲み比べてみてはいかがでしょうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント