これからの、寒い季節に注意すること・・・

これから本格的な冬が到来します。
全国各地で寒さが話題になってきています。
そのような中、熟年者を持つ家庭では「寒さ」も
大きな心配ごとのひとつとなってきます。
急な気温の低下によって心臓に強い負担がかかり、
心筋梗塞を発症する可能性が熟年者には高いからです。

事実、悪性腫瘍(がん)を除いた65歳以上の高齢者
の死亡原因の1位は心疾患であり、この傾向は昔も今
も大差がないそうです。
そこで問題になるのが「ヒートショック」です。

冬場に激増する「ヒートショック」とは?

「ヒートショック」とは、急な温度の変化によって
肉体が受けるショック症状を指します。
例えば、気温の高い真夏でも急に海やプールなど水中
に飛び込んだ場合、全身がキュッと引き締まる感覚に
見舞われた人も多いことかと思います。
このとき肉体は急激に冷たい状況下に置かれたため、
一気に血管が縮むのと同時に血圧が上がります。
逆に肉体が冷えた状態から暖かい状況下に置かれた場合、
今度は血管が膨張し血圧が下がります。

このように急激な温度の上下動に肉体がさらされた場合
に起こる「ヒートショック」ですが、家庭では冬場の
入浴時が最も「ヒートショック」のリスクが高くなる
そうです。

1129-1.jpg

気温が低くなる冬場は、どの家庭でも居室には暖房を
当然入れています。
しかし、浴室や脱衣場は暖房が入ることは少なく、室温
が極端に低くなっているケースがほとんどです。
そういった状況下で服を脱いだ場合、冷たいプールに
飛び込んだときと同じようなショックが体を襲い、血圧が
急激に上がってしまうのです。
さらに「寒いから早く湯船に入りたい!」という気持ちが
先走り、熱い湯で満たされた浴槽に浸かった場合、
一度縮まった血管が膨張し始め今度は血圧が下がります。

加齢とともに心肺機能が落ち、血管がもろくなっているため、
こういった温度の乱高下に体が耐え切れず、急性心筋梗塞を
発症する高齢者が増えているのだそうです。

それでは、冬場のヒートショックを防ぐには、どのような対策
が有効なのでしょうか。

たとえば、安全に入浴するためのポイント例を。
1. 脱衣所や浴室は暖かく、湯温は41℃以下
脱衣所や浴室は、暖房で暖かくしたほうが血圧の変動は少ない
といわれています。暖房がない場合は、浴室を開けてシャワー
から浴槽にお湯をはったり、浴槽のふたを開けておいたりすると
寒暖差がなくなります。そして、お湯の温度は41℃以下です。
2. 入浴時は、家族にひと声かけよう
入浴は家族がいるときや冷え込まない日中にしましょう。
入浴時は家族にひと声かけて、とくに高齢な方に対しては、
5分おきに様子を見てあげるのがベストです。
「意識を失って水を吸い込んだら、5分が生死の分かれ目だそうです。
気を失ってもお風呂のふたにもたれかかって助かることもあるので
浴槽にふたを置くことも予防対策になるそうです。
そして、お湯の量はお腹ぐらいでしょうか。
意識が無くなっても、顔が湯に浸からなければ
溺れる心配はありません。
3. 飲酒後の入浴は控える
飲酒をすると血圧が下がります。入浴中も血管が拡張して血圧が
下がります。飲酒後の入浴は、血圧が二重に下がりやすく危険な
状態です。飲酒後の入浴は、控えるようにすると良いそうです。
4. 入浴前に血圧を測定
高齢者の場合、血圧が高くて体調が悪くても気付きにくいため、
入浴前に血圧を測定することは、よいことです。
体調を知る目安になります。血圧が高いときは、用心してください。
5. 若くても油断は禁物
ヒートショックは、高齢者以外でも起きています。
医師によると、救急外来に搬送された中には、49歳の方もいたそうです。

結局、自己責任につきますが、用心したいものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント