冬至・・・

冬至が近づいてきました。
12月22日が冬至です。
その日が過ぎるまで、一日々々、日が短くなって
いきます。
昔から冬至の謂れとして、かぼちゃと柚子湯が
有名です。

冬至にかぼちゃを食べる風習は江戸時代からあった
そうです。いわゆる「病気にならない」というだけでなく、
「中風(脳卒中)」「しもやけ」「風邪」などにもならない
と言われていたそうです。
昔から、この時期のかぼちゃは健康にいいものとされていま
した。
かぼちゃはもともと、とても栄養価の高い野菜です。
免疫力を高めるカロテンやビタミン類が豊富に含まれて
いますし、中でも多いビタミンEやビタミンAには血行を
良くして脳卒中を予防し、肩こりなどの症状を改善する効果
もあると聞きます。

冬至.jpg

次に柚子湯です。
冬至に柚子湯に入ると風邪をひかずに冬を越せると言われて
います。
柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。
こうした語呂合せから、冬至の日にゆず湯に入るといわれて
いますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊
(みそぎ)だったと考えられています。
冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこ
らないという考えもありました。端午の節句の菖蒲湯も同様
だそうです。
また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労
が実りますようにとの願いも込められてもいるそうです。
もちろん、ゆず湯(柚子湯)には血行を促進して冷え性を緩和
したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸
やビタミンCによる美肌効果があります。
さらに、芳香によるリラックス効果もありますから、元気に冬を
越すためにも大いに役立つのだそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント