しめ飾り・・・

正月に備えて玄関にしめ縄を飾る家は多いです。
しめ縄やしめ飾りは、歳神様をお迎えするために
さまざまな願いが込められた縁起物と言われてます。

1225.jpg

しめ縄やしめ飾りの意味や由来は・・・
お正月に各家庭に訪れる歳神様は、一年の健康や幸せを
授けてくれるといわれています。
そのありがたい神様をお迎えするために、大掃除をして
家を清め、門松・しめ縄・鏡餅などのお正月飾りを飾
ります。
「門松」は、歳神様の依り代と考えられているもので、
「ここに来てください」との目印になるそうです。
「鏡餅」は、家に訪れた歳神様がご鎮座される場所と
考えられています。
そこに歳神様の御魂が宿るため、鏡開きのときに皆で食
します。
そして、しめ縄には、「神聖な場所」であることを歳神様に
示す意味があります。
また、不浄なもの悪霊などが入ってこないための魔除けでも
あるとされています。
しめ縄は、記紀神話に登場します。
天照大神が天岩戸から出てきたとき、もう二度と岩戸に戻れ
ないようにしめ縄を張りめぐらせたことに由来するといわれます。
しめ縄の「しめ」には「占める」=「神様の占める場所」とも
いわれています。
しめ縄は、漢字で書くと「注連縄」「七五三縄」「標縄」など
とも書きます。
藁を左に縒(よ)り、何枚もの紙垂(しで)を垂らします。
その紙垂と紙垂の間に、三、五、七筋の縄を垂らすので「七五三縄」
と書くのだそうです。
しめ縄に、縁起物を取りつけたものをしめ飾りといいます。

それでは、いつから飾るのでしょうか?
12月26日から31日までの間なら、いつ飾っても良いのでしょうか?
お正月飾りを飾るのに「適す日」「適さない日」という日がある
そうです。
あくまでも、一つの言い伝えではありますが。
もっとも「適した日」とされているのは、8の末広がりを意味する
12月28日とされています。
一般的に12月29日と31日は、「適さない日」として避けられて
います。
その理由は
<12月29日>
29から「二重苦」「苦待つ(松)」「苦持ち(餅)」など縁起の
悪い言葉を連想させるため避けた方が良いとされています。
<12月31日>
この日に飾ると「一夜飾り」といわれ、お葬式を連想させるため縁起
が悪いといわれています。
また、大晦日の慌ただしい中で飾るのは歳神様に失礼にあたるとも
いわれています。
また、12月26日は「ろく(6)なことがない」として避ける方もいます。
あくまでも「ゲン」かつぎですが。
お正月飾りは縁起物です。
尚、年末に飾ったしめ縄やしめ飾りは、一般的に1月7日まで飾って
おくのだそうです。
しかし、関西方面では1月15日まで、伊勢方面では1年中飾っておく
ところなどあり、地域によってさまざまです。
尚、お正月飾りを飾っておく期間のことを「松の内」といい、歳神様
がいらっしゃる期間とされています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント