今日は、大寒・・・

大寒は、「だいかん」と読み、季節を表す言葉の
一つです。
読んで字の如く、寒さが大きいと書くことから一年で
最も寒いのが、この大寒の時期です。
その寒さにちなみ、大寒を迎えると日本各地で様々な
行事が行われ、その模様をテレビのニュースで目に
する機会も増えます。
武道などをされている方たちは、寒稽古をされる方も
少なくありません。
仏道修行や神道の修行をされる方には、待ちに待った
寒行があります、滝や海、川などで水行をされ禊を
行う特別の日でもあります。

大寒は、毎年1月20日頃、もしくは1月20日から次の
節気である「立春」までの期間を指します。
2020年の大寒は1月20日となっています。
暦の上では、1月20日からが一年で最も寒い時期と
いうことになりますが、実際には一週間ほど後の
1月26日から2月4日までに最低気温を更新することが
多く、若干のズレがあるそうです。

またこの寒い季節は、凍り豆腐、お酒、味噌の仕込み
に最適と言われています。

特にお酒や味噌はお水が最も重要で、この大寒の時期
の水は雑菌が少ないと言われています。

そこで、大寒卵(だいかんたまご)はご存知でしょうか。
字を読んだまま大寒の日に生まれた卵のことを言います。
なぜ大寒の日に生まれた卵が特別視されているのでしょ
うか。

120.jpg

昔は鶏が寒い季節を乗り切るために栄養を蓄えようと、
より多くの餌を食べていたようです。
さらに卵を生む回数が減っているため、卵一個に対する
栄養価がギュッと凝縮されて、この時期の卵は体に良いと
されています。

しかし、また風水の点からいえば、この大寒卵を食べれば
「金運がアップする」とも言われています。

どちらにしろ、この寒い時期、健康にご留意下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント