今日は、節分・・・

節分の本来の意味とは、「季節を分ける」という
意味で、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことです。

201.jpg

旧暦では立春が年の始まりにあたることから、節分
と言えば立春の前日をさすようになりました。

旧暦で言うと、立春が新年ならば、節分は大晦日に
あたります。
立春から次の立春までが1年になります。

厄年の計算は、旧暦で行われます。
今年厄年になる方は、節分までに厄払いをします。
つまり、厄年になる前に、厄除けをお寺や神社で
お願いしておくということになります。

満年齢よりも一歳多く数えます。
誕生日によっては満年齢よりも、二歳多い時期が
あります。

厄年の区切りとしては、節分の翌日「立春」から、
翌年の「節分」までです。
節分は昔から「年越し」と呼ばれるように年の変
わり目のことをいったそうです。
節分が年の一番最後の日であることから、一年間
が節分で終わるという考え方があります。

厄年とは、災難や障りが身に降りかかりやすい年の
事だといわれています。
先人の言葉にも、竹に節があるように、升には角
があるように人生には節目があるといわれてきま
した。
身体的にも、厄年と言われる年は、身体の調子が
悪い、仕事も一番大事な大変な頃、肉体的にも
精神的にも大変な年齢が多いと言われます。

厄年にかかわらず、この一年も、健康に過ごしたい
ものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント