コロナウィルス対策・・・

周知のことですが, 厚生労働省から
現時点での感染は、飛沫感染(ひまつかんせん)
と接触感染の2つが考えられるとのことです。

(1)飛沫感染
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒
にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や
鼻から吸い込んで感染するものです。
※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が
多く集まる場所
マスクがある程度、効果があるとされている。

(2)接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で
周りの物に触れるとウイルスが付きます。他者が
その物を触るとウイルスが手に付着し、その手で
口や鼻を触って粘膜から感染します。
※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、
スイッチなど
手洗いが、最大の効果があるとされている。

対応策としての、マスクは、咳やくしゃみによる
飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の
飛散を防ぐ効果は高いとされているものです。
ですから、咳やくしゃみ等の症状のある人こそは、
積極的にまず、マスクをつける必要があります。

しかし、予防用にマスクを着用することは、
混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が
不十分な場所では一つの感染予防策と考えられます
が、屋外などでは、相当混み合っていない限り、
マスクを着用することによる効果はあまり認められ
ていないとのことです。

素人でも判断の付くことですが、タバコを
吸った方にマスクをして煙をはきだしてもらうと
周囲に拡散する煙は相当制御されます。
しかし、タバコを吸っている人の傍では
いくらマスクをしていても、タバコの煙から逃れる
ことはできません。思いっきり吸い込んでしまい
ます。
マスクは、防毒マスクではないのですから。
まして、ウイルスなどは、飛沫防御は
ある程度は防げても、完全防御は不可能です。

残った一番の対策は、手洗いと、顔を触らない
ことにつきるそうです。

2015.jpg

アルコールが手に入らなくても、外出先から
帰ってきたら極力、家のものを触らないように
してから、まず、十分な手洗いだそうです。

手洗いが、最大の予防策といえます。

もちろん、マスクが、あればそれに越したことは
ないのはもちろんですが、市中には、現在のところ
ないのですから。

とにかく、顔をさわらない。
手洗いを心がけることです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント