アルコール除菌・・・

アルコール転売規制がなされたので比較的、消毒剤も
求めやすくなっています。
量が多くなってくると、目につくのがマスク同様、
品質です。
ちなみに、新型コロナウイルスでは、アルコール消毒
剤が、薬剤として推奨されてます。

そのエタノールですが。その効果である除菌効果を
発揮するのはアルコール濃度が70~80%であり、
消毒用はこの濃度になるよう調整されています。
ですが、アルコール濃度が低いのに、アルコール
除菌と銘打って販売されている商品も目にします。
低いのは、低いなりに値段も安ければ、それを承知
で購入するのですから問題はないのですが・・。
高濃度アルコール消毒剤なみの価格で、それらしく
売られているので注意が必要です。
コロナウイルス殺菌効果は、価格で決まるのではなく
その成分で決まるのですから。

ちなみに
エタノールは様々な菌に対して除菌効果がありますが、
ノロウイルスなどは不活性化できないそうです。
除菌できない菌も当然あることになります。
それではどのようなものに効果あるのかと調べてみたら

除菌できるケース
まず、食中毒の原因菌として知られる、
• 病原性大腸菌
• 黄色ブドウ球菌
• 腸炎ビブリオ
• サルモネラ菌
などには効果が高く、瞬間的な除菌力があります。
菌とはまた異なりますが、エンベロープと呼ばれる脂質性
の膜をもったウイルスにも効果があります。
例えばインフルエンザウイルスやHIVウイルス、そして
新型コロナウイルスなどです。

※使用上の注意
除菌できる~と書きましたが、使い方には注意が必要です。
例えば手を洗った際、念には念を入れてアルコール消毒をさ
れる場合、手が濡れたままアルコール消毒液をつけると
アルコール濃度が薄まってしまい、除菌効果が落ちてしま
います。同様に、身の回りの物をアルコール消毒する際も
濡れた状態ではなくしっかり乾いた状態で使用しましょう。

531.jpg

それは、消毒用アルコールが効果を発揮する濃度は決まって
いるからです。ぬれたままの手に消毒用アルコールをつける
と、手についた水分でアルコールが薄まって効果が下がって
しまいます。

アルコール濃度70~80%が目安です。

ちなみに、よく店先などで「アルコール除菌剤」と銘打って
来店者に消毒するように設置してくれています。
有難いことです。
次亜塩素酸水や他の薬剤はわかりませんが、アルコールと
書かれてある場合、それを手に噴霧したとき15~20秒
程で噴霧液が乾かないときは、アルコール濃度が少ない
と思って間違いないのではないでしょうか。つまり
除菌には役に立たない、気やすめ効果でしょうか。
アルコール濃度が70~80%は、その瓶の7割から8割が
エタノールで占められていないと成立しないのですから。
独特のアルコール臭も漂い、速乾です。

やはり、家へ帰ったら手洗いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

東部A Y
2020年06月06日 00:30
東部A Y
2020年06月06日 00:42
アルコール除菌とは 関係なく・・・一言お礼を言いたくて!
前回 Tverを教えてもらったおかげで 関東圏でしか再放送されない 懐かしい(15年前)ドラマを 観ることが出来ました。
視聴を諦めていたので よけいに嬉しくて 感謝感激です。
2020年06月06日 10:50
追伸 正しくは 25年前のドラマでした
2020年06月06日 17:13
本当に良かったです。パソコンとインターネットさまさまです。しかし、それも容易にパソコン操作出来るからですね。教室の日々も、題材としてはエクセルやワードを扱ってますが、結局はパソコンの慣れへの練習です。これからも頑張って下さい。