コロナ対策と熱中症・・・

暑い夏、特に今年はマスクをつけての夏です。
ひとつの注意が、「ペットボトル症候群」です。
飲むなら、水やお茶がおすすめということです。

例年とは違い、マスク着用がエチケットとなった今年
の夏。マスクをしていると、のどの渇きが分かりにく
いため、水分補給が遅れるといわれています。
ですから熱中症対策のためには、こまめに水分を取る
ことがさらに重要となります。
しかし、気をつけたいのは水分の取り方。
一つ間違えると「ペットボトル症候群」を引き起こす
ことがあるそうです。
正式には「ソフトドリンク(清涼飲料水)ケトーシス」
といわれます。

暑い日は汗も出やすく、のども乾いて、自動販売機を見
つけては冷たい飲み物をつい買ってしまう」という声が
少なくありません。

812.jpg

その時、どんな飲み物を買うかが問題です。
スポーツドリンクやジュース、炭酸飲料などの清涼飲料水
をよく飲むという人ことは「ペットボトル症候群」に注意
する必要があります。

何故なら、スポーツドリンクや清涼飲料水には通常100ml
あたり5g~10g前後の糖分が含まれているものが多いとい
われています。
角砂糖は1個約4g。もし、1リットル飲めば、角砂糖を10数個
から25個を食べているようなものです。飲んでいるうちに、
予想以上に糖分を取ってしまう危険性があるのです。

ですからスポーツドリンクや清涼飲料水を飲む時は成分表も
チェックしてく、カロリーや糖オーバーにならないように、
合成甘味料を使ったゼロカロリーやカロリーオフのものを選
ぶのも一つの選択肢かもしれません。
もっとも合成甘味料自体、問題が問われるものではありますが。

要は、暑いからといって1日に数リットル近い清涼飲料水を
飲んでしまえば、たくさんの糖が一気に体に入り、一時的に
インスリン不足に陥ります。
結果、血糖値が急上昇します。血糖値が上がるとノドが異常に乾き
ます。そしてさらにガブ飲みしたりしてしまえば、血糖値はさらに
上がり、まさに負のスパイラルの悪循環に陥ります。
トイレの回数が増え、急性糖尿病の症状が現れることもあると
いわれてます。

結局、水分補給は最重要なことです。
早め早めに、水やお茶など糖分のないものを積極的に飲むように
心掛け、急な水分補給にとスポーツドリンクに頼らなくても
よいように心がけたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント