健康シリーズ① 「こころの老い」を防ぐ

皆さんは、歳を重ねていくうちに運動機能が低下してくることはご存知だと思いますが、「こころ」の機能も低下することをご存知だろうか?

「こころ」の機能低下と聞いて「なにそれ?」と思っている人がほとんどだと思います。
「こころ」=「感情」=「脳」つまりは「脳」の機能低下を防止し、若々しい「脳」を保つと言うことです。
「脳」を若々しく保つ秘訣の一つに「人ともスキンシップ」があります。
まず簡単に出来る「スキンシップ」として「タッピング・タッチ」を紹介したいと思います。
やり方は、指の腹を使って1回1秒ぐらいのリズムで20~30回ほど軽く触れ、左右の手を交互に使い、頭部や首、背中など、気持ちが良いと感じるからだの各部をタッチしていきます。
タッピングを行うことで「脳」の中でセロトニンの分泌が増え、脳が活性化されるのだそうです。
1人でも行えますが、1人で行うよりペアで行う方が効果的だそうです。
もう一つは「好奇心を持って新たな事に挑戦する」事だそうで、積極的に物事に向かうしせいや、新しいことにチャレンジすることが「脳」の活性化を促すのだそうです。
また、上達しなくても、楽しく行うこと大事だそうです。
つまりシニアパソコン教室はうってつけだと言うことです。
毎回新しい課題にチャレンジすることで、「脳」を活性化することができるのだそうです。
後はやはり適度な運動で体を動かすことが効果的だそうです。


"健康シリーズ① 「こころの老い」を防ぐ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント