パソコンのちょと便利な使い方⑯ 初めてのビスタ3

ビスタ搭載のパソコンに多い横長のディスプレーは、画面に沢山の情報が表示できます。

例えば、2つのホームページを左右に並べて表示して見比べたり出来る反面、文字やアイコンなどが小さく、文章などが読みにくいと感じたことはありませんか。
こんな時は、「DPIスケール」と言う機能を使ってみてはいかがでしょう。
「DPIスケール」を設定するだけで、アイコンや名前、タスクバーなどの表示が一回り大きくなり、とても見やすくなります。
設定するにはまず、トップ画面の何も無い場所で右クリックするとメニューがでます。
そのメニューの中から「個人設定」を選びます。
「デザインや~」という画面で、左側にある「フォント(DPI)の調整」をクリックします。(「~許可が必要」と表示されたら「続行」をクリックしてください)
次に「DPIスケール」の画面で「既定のスケール~」が選ばれているはずなので「大きなスケール~」に「・」チェックを入れ「OK」をクリックして下さい。
後はパソコンを再起動させれば表示が大きくなります。
「これらの変更を~」という画面が表示されたら「今すぐ再起動する」をクリックして下さい。
但し、ホームページの文字など、一部大きくならないものがありますので注意して下さいね。

"パソコンのちょと便利な使い方⑯ 初めてのビスタ3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント