信太山駐屯地見学 その2

信太山駐屯地を15:00に出発し、途中岸和田城に立ち寄ることにしました。

私は、旅行会などで、阪神高速湾岸線を通った時などに、高速から見たことはありましたが、訪れるのは初めてです。
岸和田城も、和歌山城同様昭和に入ってから再建されたお城で、天守閣は文政10年(1827)に落雷により焼失し、昭和29年に鉄筋コンクリート造りで再建されたそうです。
天守閣の前には、なにやら奇妙な形の石庭がありました。
これは室町以前の城郭平面図をもとに作られたそうで、和歌山県沖の島産の緑泥片岩で石組みを造り、京都白川産の白砂で作ってあるそうです。
天守閣に登ると、大阪湾まで見渡せ、絶景でありました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像

ここからは、理事長撮影の風景です。

画像


画像


画像


画像

この石庭は和歌山産の緑泥片岩で造られています

画像


画像


画像


画像

"信太山駐屯地見学 その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント