在宅介護生活で日々の習慣にしたい、いくつかのこと・・・。

皆さん、こんばんは。

「在宅介護生活で日々の習慣にしたい、いくつかのこと」を紹介します。

介護者が習慣化することにより長丁場の在宅介護にプラスにはたらくであろう、ちょっとした気づきのいくつかを以下にまとめておきます。


1. 介護日記(記録)をつけよう


ノートを一冊用意して、医師やケアマネジャーの話・本人が今日話したこと・今日一日に起きた嬉しかったことなど、日々の介護生活で起きたことについて、とにかくメモをとることを習慣化しましょう。

メモは、後々に記憶をよみがえらせるための助けになります。


起床や就寝の時間・食事内容・体調や体重の記録・外出の有無などといった起こった出来事の備忘録で構いませんが、自宅介護を続けるなかで自分の感じたことや気づいた点も含め、断片的なぶつ切りの文章による覚え書き・短い走り書き程度で構いません。

書く内容や量よりも、毎日書き続けることのほうがよほど難しくもあり、大事なことでもあります。

「誰かに見せるものでもない」と割り切れば、長くきれいな日記風の文章は、むしろ邪魔になります。

自分自身で後で読めさえすればよい、思い出す取っかかりになりさえすればよいものと割りきって、気楽な気持ちで介護日記をつけはじめましょう。


2. 週に1~2回は、体重をはかろう


「体重は健康のバロメーター」と言われますが、これは介護を受けていても当てはまることです。

夏の暑い時期には要介護者の体重は減り気味に、逆に運動不足の続く冬には体重は増加してきます。


季節に関わらず体重の減少が続く時は、食事内容や口内の状態に問題があるかもしれませんし、あるいは何か別の病気のサインかもしれません。

上述の介護記録ノートに本人の体重の変化も記録しておき、大きな体重の増減が見られるなど心配なときは早めに、近くの医療機関などに相談するようにしましょう。


3. 薬シート(服薬カレンダー)を活用しよう


薬の服用は日々求められることも多いので、飲み忘れがあったかどうかが、どうしても気になりますね。

壁にかけるカレンダー式の「薬シート(服薬カレンダー)」がありますので、一週間分をあらかじめ入れておき、服用したら空になったらビニールの薬袋をポケットに入れておくようにすると、飲み忘れを防ぐことができます。


4. 介護する側の自分も、つとめて運動しよう


要介護者の運動についても気を配るべきですが( 本人の運動機能を活かす介護ケアとは )、その陰に隠れておろそかになりがちなのが、「介護する側の」心身の健康管理です。

特に家からほとんど出ない生活が中心になるため、介護者の運動量もどうしても不足がちになります。

ふだんから万歩計をポケットに入れておくと、自分がどれくらい運動をしていないかがよくわかるはずです。


日々の介護生活で動きまわることでかなりのエネルギーを消費していますが、それでもふだん使わない筋肉や心肺機能の衰えまでは、カバーできません。

そうはいってもスポーツのために時間を割くのも難しいでしょうから、まずは単純に、歩く時間を増やすよう努めましょう。

外を歩くことによって、精神的な気分転換にもなります。


公的には健康維持のため1日一万歩程度が推奨されていますが、実行が難しい日も多いはずですから、「3~4日間隔で考えて、介護の合間に一日10~20分でも、外を歩く日を努めて持つ」ようにしてはいかがでしょう。

"在宅介護生活で日々の習慣にしたい、いくつかのこと・・・。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント