VLOOKUP関数の使い方

皆さん、こんにちは。 森谷です。

今回はVLOOKUP関数を紹介します。

VLOOKUP関数は、エクセルの中では一番の人気者関数。
VLOOKUP関数を使うと、めんどくさい入力作業を、効率アップできるからです。
今回は、VLOOKUP関数を使って、Excelの注文票にコードを入力すれば、自動で商品名と単価が検索されて表示されるしくみをマスターしましょう。VLOOKUP関数は、Excelの検索と行列関数です。

下記のサンプルの注文票にVLOOKUP関数の式を入力しましょう。
画像


商品マスターはわかりやすように同じ表の下に作成しています。


VLOOKUP関数の書式を確認しましょう。
画像


利用する商品マスター(商品リスト)は、昇順に並べ替えておきます。
さらにマスターには名前をつけておくと範囲を名前で指定できるので、セルのアドレスを使った数式の代わりに名前で表すことができるようになります。
C2セルに、式を入力します。
関数の挿入ボタンをクリックして、関数の挿入ダイアログボックスを表示します。
関数の分類で、検索/行列をクリックして、一番下のVLOOKUPを選択します。
画像


すると、VLOOKUPの関数の引数ダイアログボックスが現れます。
下図を参考に対応する引数を入れましょう。
画像


検索値には、B4、範囲は、商品マスター、列番号は、2、検索方法は、FALSEです。
C2セルには次の式が入力されました。
=VLOOKUP(B4,商品マスター,2,FALSE)
オートフィルで式をコピーします。
画像

"VLOOKUP関数の使い方" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント