室内での熱中症・脱水症に注意

皆さん、こんにちは。 森谷です。

画像


熱中症の約30%は屋内・部屋の中で起きており、家の中で脱水になる方が増加しています。

特に熱中症になる高齢者の割合は、約40%もあり、重症化するケースも多いです。

家の中なら太陽が当たらないので脱水・熱中症にならないと思っている方は危険です。

家の中でも高温で湿度が高いと脱水症状が知らない間に進んで自覚症状がないまま熱中症になる方もいます。

リビングの室温は28度以下・湿度60%以下が目安。高齢者や子どもがいる部屋では、室温と湿度の調整が大事です。

喉が渇いたら水を飲むのではなく、時間を区切って定期的に水を飲むようにするとよいです。大量に水を飲む必要はなく、こまめに少量の水(コップ一杯程度)を飲むようにすれば熱中症にもなりづらいです。

夏の暑い時期は、午前中9時~10時くらいには気温も上がりますので気をつけましょう。西日は午後から夕方にかけて温度が急上昇していきますので注意です。

室内で熱中症にならないという思い込みを持たずに、特に湿度が高い所に長時間いたり、眠るときは部屋の熱中症対策を実施しましょう。

"室内での熱中症・脱水症に注意" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント