熱中症になったらどうしたらいい?

皆さん、こんにちは。森谷です。

今回は、熱中症になったらどうのような症状がでるのか紹介します。

画像


熱中症になるとどんな症状があらわれるのでしょうか?

初期段階
①めまいや立ちくらみ
②筋肉の痛みや筋肉の硬直が起こる
③大量の汗が出る
その後熱中症
①頭痛がする
②気分が悪くなって吐き気、嘔吐
③体がだるくなって力が入らなくなる
などの症状がでてきます。
更に悪化すると、体を触ると熱く感じるほどの高温になり意識障害が起こって手足が痙攣したり思うように動かせなくなったり、意識はあってもまっすぐ歩けなかったり走れなかったりするようになります。
当てはまる症状があれば、涼しい風通しの良い場所で早めに休むことが大切です。

では熱中症になってしまったらどのように対処すればいいか?

熱中症の応急ポイント
①まず風通しの良い場所や、冷房の効いた室内などへ移動する
②衣服を緩めて風通しを良くする
③水分や塩分をしっかりと補給する
④筋肉が痛くなったり、痙攣したりするなら生理食塩水(0.9%の食塩水)を摂取、通常はこれで回復!
⑤めまいや倦怠感、むかつきや嘔吐、頭痛のある時にはイオン飲料や経口補水液を補給!
⑥足を高くして手や足を先の方から心臓部に向かってマッサージするのもとても有効
⑦体に水をかけたり、冷たい濡れタオルを当てて体を冷やす
<重要> 濡れタオルは首筋、腋の下、足の付け根に当てましょう。ここは皮膚に比較的近い場所に大きい動脈があるからです。血液を冷やすことで体の熱を取ることが出来ます。

積極的に取り入れて熱中症を予防しましょう。

"熱中症になったらどうしたらいい?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント