卵とコレステロールの関係

皆さん、こんにちは。 森谷です。

画像


卵は栄養価も高く、食材として重宝される食品であり、ほとんどの人が日常的に食しています。

しかし世間一般では「卵はコレステロールが高いから、食べ過ぎに注意した方がよい」とよく耳にします。

これについては色々な研究が行なわれており、卵を食べたからといって必ずしもコレステロール値が上昇するとは限らず、健康体の人であれば、毎日2個くらいの卵を食べたとしても、血中のコレステロール値に変化はないと言われています。

コレステロールは食事からの摂取だけではなく、体内(肝臓や小腸など)でも生産されます。

食事などでコレステロールの高いものを摂取すると、体内でのコレステロール生産量は減らされ、血中コレステロール値が上昇しないようにバランスをとっています。

しかし、コレステロールの過剰摂取を意識するのは、健康上大切なことでもあります。

"卵とコレステロールの関係" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント