熱中症と塩・・・

熱中症予防で塩分を摂取する必要があるのはなぜでしょうか?
自発的脱水という言葉が話題になってます。
夏になると、必ず注意喚起される熱中症。水分補給
などによる対策が有効だと言われていますが、その際に
塩分も摂取すべきだと言われます。
8008.jpg
夏場やスポーツ時に水分補給が必要なのは、大量の汗をかき
体液量が減少するからです。
その体液、失った水分を取り戻すために、もし、水だけ
を飲むと、自発的脱水という現象が起こることがあるのだ
そうです。
私たちの身体には、約0.9%の食塩水と同じ浸透圧の血液が
循環しています。また汗をなめると塩辛い味がすることから
わかるように、汗にはナトリウムが含まれています。
大量に汗をかいてナトリウムが失われたとき、水だけを飲む
と血液のナトリウム濃度が薄まり、これ以上ナトリウム濃度
を下げないために水を飲む気持ちがなくなります。同時に
余分な水分を尿として排泄します。
これが自発的脱水症と呼ばれるものです。
この状態になると、運動能力が低下し、体温が上昇して、
熱中症の原因となります。
そこで、塩分(ナトリウム)と糖分を含んだ水分補給が
効率的な熱中症予防の水分補給として、いわれているのです。
また、糖を含んだ飲料が推奨される理由としては、腸管での
水分吸収を促進することが挙げられます。
主要な糖であるブドウ糖は、腸管内でナトリウムが同時に
あると速やかに吸収されます。そしてそれらに引っ張られ
水分も吸収されるというのがそのメカニズムなのだそうです。
要は、さらさらと流れている血液の中から汗として水分が
出ていきます。血液が、水分(汗)の減った分ドロドロしてきます。
その時、単に水を飲んでも、血液には混ざらないということ
です。浸透圧が違うからです。浸透圧を決めるのは、塩です。
塩の量が非常に大事ですが、この薄い塩水が特効薬ということ
になります。


"熱中症と塩・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント