白内障と緑内障・・・

目の病気はいくつもあります。
その中で、気を付けなければならない代表的な病気
として、白内障と緑内障が有名です。

1204.jpg

1.白内障
 白内障は60歳以上で50%,80歳以上では100%に
みられるという,大変身近な疾患です。
水晶体が加齢とともに徐々に混濁し,視力低下
(かすむ・ぼやける)を来す疾患です。
視力低下以外に,まぶしさ(羞明)を自覚するケースが
あります。
 白内障治療は症状が軽度であれば,点眼薬で進行を
抑制しますが,点眼薬や内服薬では水晶体混濁の改善
は期待できないため,根本的な治療は手術療法と
なるのだそうです。
 白内障手術は混濁した水晶体を破砕・吸引し,
眼内レンズに置き換える手術を行ないます。

2.緑内障
 緑内障は,網膜を構成する神経細胞が減少し,
視野障害や視力障害を来す疾患です。日本では
中途失明原因の第1位で,その罹患率は非常に高く,
日本全体では約200~300万人の緑内障患者がいると
想定されています。絶対、油断してはいけない
怖い病気です。
 網膜を構成する神経細胞が減少する原因の一つと
して,眼圧の上昇があります。眼圧が上昇すると,
網膜を圧迫する力が働き,網膜細胞が押しつぶされる
ような形になり,網膜細胞の減少に拍車がかかります。
しかし近年の研究では,眼圧が正常であっても,
体質的に視神経乳頭の構造が弱く,網膜細胞の減少を
来す正常眼圧緑内障の存在が明らかになり,全緑内障
の70%を占めることも知られるようになりました。
 緑内障は10~20年単位で徐々に視野障害を引き起こす
ことが一般的です。視野障害は一度進行すると元に戻ら
ないため,早期発見で進行させないことが治療の基本です。
 緑内障の治療は,点眼薬と内服薬がありますが,いずれも
眼圧の下降が目的です。
薬物を使用しても視野障害が進行する場合は,手術
による眼圧下降が必要となります。
緑内障は早期発見が重要であり,自覚症状が出現した
場合でも安定した眼圧の維持に努めれば,良好な経過が
得られることが多い病気でもあります。

風邪は、惹きやすく、すぐ病院へ行きます。
しかし、目の病気は日常茶飯事にあるものではなく
眼科へはあまり行かないものです。
しかし、特に緑内障などは眼圧異常が原因の為
風邪などのような自覚症状がありません。
早期発見が大事なことからも、年齢の節目、節目には
目の健康診断も受けてみることはいかがでしょうか。

"白内障と緑内障・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント