クーラー病とは?

皆さん、こんばんは。

お盆を過ぎても酷暑続きで、クーラーに当たりすぎてませんか?

今回は、クーラー病について紹介します。

○「クーラー病(冷房病)」とは、外気の温度差が5℃以上ある冷房の効いた室内に長時間いると、身体の体温調節機能が効かなくなり、外気の温度に適応できなくなる自律神経失調症のことです。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、冷風に当ったりすると交感神経が働いて血管を収縮させ発汗を抑制することで体温の下がり過ぎを抑えます。それとは逆に、暑くなると副交換神経が働いて、血管を拡張し発汗を促して体の熱を放散させようとするのですが、この2つの自律神経のバランスがうまくいかなくなってしまうことで、身体にさまざまな不調が生じるようになります。最近では、オフィスや通勤の電車などで冷房がよく効いていますし、出入りを繰り返しますので、どうしても「クーラー病(冷房病)」にかかりやすくなっていますので、注意してください。


○クーラー病(冷房病)にかかるのは、エアコンが効いた室内で働く女性や乳幼児、高齢者などが多いのが特徴です。

成人男性は筋肉が多いので、クーラー病(冷房病)にかかりにくいのですが、対象となる人々はそうではないため、長時間クーラーのかかった部屋にいたり、クーラーのきいた部屋と暑い室外を往復したりすると、前述のように交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうため、血液の流れやホルモンバランスの異常をきたすようになるからです。こうした不調によって、身体の深部体温が低下すると、内臓機能低下や肩こり、頭痛、腰痛につながる抹消の血流減少も起こります。その結果、筋肉が過剰に緊張して硬くなるため酸素不足や栄養不足に陥り、こりや痛みの原因となります。


○クーラー病(冷房病)の症状・種類の代表的なものとしては、まず身体の冷えやだるさが挙げられます。また、しびれやむくみ、肩こり、頭痛、神経痛、腹痛、腰痛、そして食欲不振など胃腸の調子が悪くなったりもします。

特に肩こりは、より悪化したり、肩こりを感じたりすることが増えますし、さらにひどくなると、こりが痛みに変わることもあります。さらに症状が進むと、下痢や便秘、生理不順、疲労感、イライラ、鼻炎などが起こりやすくなります。この場合、睡眠時間の長短は関係なく、よく寝たのに、だるさや疲労感が解消されないで、のぼせるような感覚や体がゾクゾクすることもあります。その他、頻尿や不眠などの原因ともなり、その結果、睡眠不足となって夏バテの原因にもなるため、冷房温度の調整や、室内では1枚多く服を羽織るなどの対処を心がけてください。


○クーラー病(冷房病)の治療方法の基本は、身体を温めることです。

夏場など、お風呂は暑いためシャワーだけで済まそうとする人は多いと思いますが、できればぬるめのお湯にゆっくり入って、汗をしっかりかくように心がけてください。もし、全身をつけるのがどうしても嫌な場合は、半身浴だけでも、かなり有効です。また、食べ物にも気をつけましょう。基本的に夏野菜は身体を冷やす食べ物ですから避けるのがいいでしょう。その際に、食材だけでなく調理方法も考えて、身体を温める食べ物を取るようにしましょう。また、どうしても過剰冷房の中で仕事をしなくてはならない場合は、腹巻やストールで腰を温めるようにしましょう。腹部を温める事で全身が温まるからです。クーラー病(冷房病)による体温の低下は身体の免疫も低下させるので、軽い病気でも重くなりがちなので用心が必要です。


○クーラー病(冷房病)の予防・対策の第1は、外気との温度差を5℃以内にした温度設定をすることです。

自律神経は5℃の温度差があると狂いやすくなるため、その範囲内で納まるように調整するようにしてください。
第2は、エアコンからの冷気が直接肌にかからないようにしましょう。例えば、机の位置をずらしたり、あるいはセーターや上着を着るようにしたりしましょう。
第3は、軽く汗をかくウオーキングなどの運動をすることです。
第4は、お風呂で体を温めましょう。この場合、足湯も効果的です。
第5は、努めて身体を温める食品を食べるようにしましょう。
第6は、規則正しい食生活を心がけることです。
第7は、もしタバコを吸っているなら、ニコチンは血管を収縮させるので禁煙しましょう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

♪ちかちゃん
2012年08月19日 08:29
クーラー病は風の便りに聞きます 予防法ありがとう 真冬生まれの私は身体が冬仕様に出来てるのか夏の熱さは耐えられなく節電など耳東京です5度の温度差など なんのその家の中は真冬状態で相すいません 今夏はオリンピックで皆さんも熱く燃えたのでは・・

この記事へのトラックバック