保存されていない文書やデータを回復したい

皆さん、こんにちは。

シニアパソコン教室講師森谷です。

Word(ワード)やExcel(エクセル)の文書やデータを作成していて、間違って(そうでなくボーっとしていただけでも) 『保存をしないで終了してしまった!』ということありませんか。

そうした場合、2010バージョンからは、保存されていない文書やデータを回復することができるのです。

まず、[オプション]の画面で確認してみます。

Word2003の場合
[ツール]メニュー-[オプション]をクリックして、「保存」タブをクリックして見てみます。

「自動バックアップ」しかありませんね。
画像





Word2007の場合
[Officeボタン]-[Wordのオプション]をクリックして、「保存」を選択して見てみます。
2007も自動保存しかありませんね。
画像






それでは、いよいよ、
Word2010の場合
[ファイル]-[オプション]をクリックして、「保存」を選択して見てみます。

画像





なにか増えていますね!

「保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す」という項目が増えているのです。
ここにチェックマークがついているのを確認します。(既定ではチェックついてます)

ここで、実際に回復するか試してみましょう。

ここでは、自動保存の時間は既定の10分では長いので、1分に変えておきます。

何か作成しておきます。
画像






1分経過したら、Wordを終了します。
その際、[保存しない]を選択しておきます。
画像






そして、再度Wordを起動して、
[ファイル]-[情報]を選択します。
[バージョンの管理]をクリックして、「保存されていない文書の回復」をクリックします。
画像






すると、保存しないで終了した文書が残っていましたので、選択して「開く」をクリックします。

画像





無事に、先ほど途中まで作成していた文書が回復されました!

画像





これは、Wordだけでなく、Excelでも2010バージョンであればできますので、試してみるといいですね~



以上、パソコンワンポイントレッスンでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック