Windows updateができない・失敗をくりかえす時の一般的な対処方法

皆さん、こんにちは。 森谷です。

Windows updateを実行すると、このようなメッセージが出てしまい、何度試しても更新できない・・・。そんな場合の対処方法です。
画像


「更新プログラムを確認しています」の状態が数時間 (またはそれ以上)続いてしまい、Windows Updateがまったく進まない・・・・というような状態を解消するための手段です。

ディスククリーンアップを行いましょう。
使い込んだPCの場合、Windows Updateの不要ファイルなどが数GBに膨れ上がり、OSの快適な作動の邪魔になったり、場合によってはWindows Updateが失敗する原因になる危険性すらあります。
ざっくりと削除しちゃいましょう。


削除できるファイル
画像

上記のようなファイルが一気に削除できます。



エクスプローラーから起動する
画像

1. 目的のドライブ(通常はCドライブ)を選択し 右クリック
2. 開いたメニューから「プロパティ」を選択
3. 「全般」タブを選択
4. 「ディスククリーンアップ」を選択

画像

通常、不要ファイルの多くはCドライブに溜まっています。


不要ファイルの削除/ディスククリーンアップの使い方
以下、ディスククリーンアップを使って実際に不要ファイルを削除する手順です。

まずは画像矢印部分の「システムファイルのクリーンアップ」ボタンをクリックします。
画像

▲これで、通常は削除できないシステムファイルも一気に削除出来るようになります。
※PCによってはUACが反応します。コンピューターへの変更の許可を与える必要があります。


解析が始まります
画像

しばらく待ちます

解析が終わると、元の画面に戻ります
画像

▲削除できる項目が増え、Windows Updateなどの不要ファイルも削除可能になります。
自身で不要と感じる項目にチェックを入れ、OK ボタンをクリックします。
1~2年メンテナンスをしていないPCの場合は、3~5GBのファイルを削除することも可能です。

「OKボタン」をクリックすると、確認ダイアログが表示されます
画像

▲ここで「ファイルの削除」ボタンを押すと、実際にファイルの削除が始まります。

画像

▲削除中の画面です。
指定ドライブ内の不要ファイルが一気に削除されます。


最後にPCを再起動する

システムファイルを削除した場合、PCを再起動が必要です。
画像

「ディスククリーンアップ(システムファイルのクリーンアップ)」で削除するファイルの中には、PC を再起動しなければ、完全に消去できないファイルが含まれています。特に Windows Update のクリーンアップを行った後は、かならず再起動しましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック