夏バテ対策

皆さん、こんにちは。森谷です。

画像


まだまだジメジメした梅雨の真っただ中ですが、梅雨が明けると、一気に気温も上がり、暑さが体にこたえますよね(>_<)
暑さが続くと体がだるく、食欲がなくなってきませんか?
それは夏バテの症状です。
暑さが苦手な方のために、夏を元気に乗り切るための4つ対策をアドバイスします!

夏バテ対策①
水分補給にはミネラルウォーターに天然の炭酸が入っている飲料水がいいでしょう。炭酸が、疲労の原因でる水素イオンを体外へ追い出してくれる上、ミネラル分も豊富に含まれている ので、夏の疲れた体にぴったりです。
【天然炭酸入り】・【炭酸ガス入りミネラルウォーター】などの表示が目印です。

夏バテ対策②
暑い外と涼しい(寒い?)室内を頻繁に出入りしていると、 体がその温度についていけず、自立神経のバランスを崩してしまいます。設定温度は5℃以内を目安に、 除湿設定にするだけでも快適さがアップします。

夏バテ対策③
子供の頃、早起きして夏休みにラジオ体操をした!という方、その頃を思い出して普段より生活時間を一時間早めてみませんか? 朝の涼しいうちに自分に合った適度な運動をし、シャワーを浴びて汗を流す。汗とともにストレスも流す! 【早起きは三文の徳】

夏バテ対策④
暑いと「そば・そうめん・冷し中華」などあっさりしたものが多くなりますが、これだけでは栄養不足。
汗をかくことが多い夏場は、ビタミンやミネラルの消耗も激しいので、積極的に補給しなければなりません。
バランスのとれた食事と新鮮な野菜や果物、乳製品などをとるよう心がけましょう!

★夏場の食事について補足
食欲がなくても、1日3食きちんととることが大切。
胃に負担がかからず消化のよいたんぱく質(卵、肉、魚、牛乳など)、ビタミン(野菜や果物など)、ミネラル(牛乳や海藻など)をバランスよく、少しずつでも色々な種類の食品をとりましょう。また、ショウガやワサビ、コショウなどの香辛料、シソやミョウガ、ネギなどの香味野菜は食欲を刺激するので、食事にうまく取り入れてみてください。食欲がなくて肉や魚を食べる気がしない時は、たんぱく質を枝豆や豆腐などで補うと良いでしょう。
最後に冷たいもののとりすぎは胃腸の働きが抑えられ、特に清涼飲料水は 何本も飲むとその甘味が食欲を減退させてしまうので、とりすぎないよう注意しましょう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック