紫外線カット・・・

画像


日やけ止め製品のパッケージなどで見かける「SPF50」

や「PA++++」などの表示があります。

これは、紫外線対策のための、重要な指標です。

SPFとは「Sun Protection Factor」の略です。

日本語で紫外線防御効果を意味し、サンバーン

(肌が赤くなる日やけ)の原因になる紫外線B波(UVB)

を防ぐ指標として使われます。

数字が大きいほど紫外線B波(UVB)を防ぐ効果が高く、

最大50+(SPFが51より大きい)と表示されます。

ただし、日やけ止めをきちんと塗っていなければ、

表示されている数値どおりの効果を発揮させる

ことは当然できません。

塗り方が薄かったり、塗り方にムラがある場合は

充分な効果を得られませんので、注意が必要です。



PAとは「Protection Grade of UVA」の略。

その名の通り紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の程度

を表す指標です。

これまで「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階でしたが、

測定方法と表示方法の改定に伴い「PA++++」を

加えた4段階に分けられるようになりました。

「+」の数が多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が

高くなっています。

紫外線A波(UVA)はシミやしわの発生に大きく

関わっているといわれています。

波長が長い分、肌の奥深くまで到達し、様々な影響を

及ぼします。

雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持って

いるので、曇りの日も日当たりの良い家の中でも

しっかり紫外線A波(UVA)を防ぐことが必要と

いわれています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック