寒くて、息が白い・・・

朝、道を歩くと、息が白く見えることが多くなってきました。

画像


なぜ息は白くなるのでしょうか。

この白い息が何を意味しているのでしょうか。

皆さんがご存知のとおり、呼吸による湯気です。

口から吐き出された水分が外気で急激に冷やされること

によって、白くなるのです。

この白い息ができる条件は、湿度と温度が関係しています。

湿度が低い状態だと息の水分が、空気中にすぐに取り

込まれてしまうため、息は白くなりにくいです。

反対に雨の日は、まわりの湿度が高いため、空気中に

水分が吸収されないため白い息ができやすくなるのだ

そうです。

簡単に、湿度と温度の関係でいえば、湿度100%ならば

気温は15~17度くらいから白くなるといわれています。

15~17度とは高いように感じますが、そうなのだそうです。

ただ、湿度が低くなるにしたがって息が白くなる温度は

どんどん下がってゆくそうです。湿度70%くらいの時は

10~13度くらいともいわれています。

ちょっと、曇りがちの朝、息が白ければ

気温は、13度以下と推察できるのでしょうか。

晴れた乾燥した日なら10度以下とも推察できます。

ですから、ごく普通のありふれた冬の日

息が白いときは、気温は10~13度以下ということでしょうか。


ちなみに、鼻の息が白くなる時は

湿度にもよりますが、5度から3度と言われています。

簡単な気温の目安です。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック