最近の雛飾り・・・

三月は、お雛様です。

お孫さんや、娘さんにお雛様を贈ることもめずらしくは

ないものです。

画像


お内裏様とお雛様、三人官女や五人囃子は有名です。

しかし、最近は、男雛・女雛のふたりだけをお飾りする

飾り方が増えているそうです、

親王飾り(しんのうかざり)とよぶそうです。

娘の幸せを祈り、お守りのような意味を持つ雛人形

ですが、お雛様が娘なら、隣にいるお殿様は未来の

ご主人でしょうか。

雛人形はこの2対が必須となるので、親王飾り(平飾り)

は雛人形の基本と言うことになります。

もともとは親王飾りが主流だったともいわれています。

そもそもなぜ「親王」とよぶのでしょうか?

親王飾りは、またの名を内裏雛(だいりびな)と言うのだ

そうです。

童謡の「うれしいひなまつり」の歌詞から男雛をお内裏様、

女雛をお雛様と呼ぶのが一般的になっていますが、

もともと内裏(だいり)とは男女対のことを指すのだそうです。

内裏雛のモデルは天皇と皇后をモデルにしていると言わ

れています。

日本での親王とは、天皇の嫡出の子及び、天皇の嫡男系

の嫡出の子で男子である者、また、天皇の兄弟を親王と

言います。

つまり、女の子に天皇と皇后のように幸せな結婚を

してほしいという願いを込めてつくられ、親王飾りと

呼ばれるようになったのだそうです。

五段飾りのお雛様も、親王飾りのお雛様も

この三月の季節

華やかで、雅な世界を皆さんにみせてくれます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック