三種の神器・・・

5月1日、いよいよ新天皇が即位されます。

皇位継承に伴う新たな元号は、4月1日に公表する方針

も固まっています。

そして、新元号は、2019年5月1日午前0時をもって

施行される予定になっています。

さらに、ドナルド・トランプ米大統領が、皇位継承にあたり

5月26日から来日することも発表されています。


まず日程では4月30日、今上天皇陛下退位礼正殿の儀

が執り行われます。

そして、今上天皇陛下は御退位により上皇となられます。

翌日5月1日、皇太子殿下が天皇御即位されます。

そして新元号も施行されます。

そして剣璽等承継の儀が執り行われ、その即位後、

朝見の儀へと進まれていきます。


この中で、厳かで神秘的な由来のある儀式のひとつとして、

剣璽等承継の儀があります。


国の最高位の総理大臣は、選挙で決まります。

しかし、天皇は違います。

皇位を継承される天皇陛下は,ご即位のあかしとして,

「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」を継される

とともに,併せて国事行為の際に使用される国璽

及び御璽を承継されます。

この「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」というのは、

代表的には三種の神器(剣・玉・鏡)の事であり、

剣璽(けんじ)というのがその中の剣と玉を意味します。

画像


天皇の即位は、神武以来

皇位の象徴である三種の神器を受継ぐことをいうのです。


剣は草薙剣(くさなぎのつるぎ)


玉は八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)


鏡は八咫の鏡(やたのかがみ)と呼ばれ、日本神話に

おいて、天孫降臨の時に、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が

天照大神から授けられたものとされています。


尚、この三種の神器の中で、皇居に保管されている

本物は、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)と

されています。


八咫の鏡(やたのかがみ)の実物は伊勢神宮内宮に

御神体として祀られており、皇居の賢所には

その形代(かたしろ)が祀られています。


草薙剣(くさなぎのつるぎ)の実物は、熱田神社に御神体

として祀られており、その形代は皇居御所、剣璽の間に

保管されています。


この三種の神器は、直接見てはいけないものとされており、

天皇陛下でさえ、実際にご覧になったことがないとされて

います。


この三種の神器御承継の剣璽等承継の儀が当日、

テレビ中継されるとされています。


当日は、日本神話からの歴史絵巻をかいまみる

時になるかもしれません。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック