ペダルの踏み間違い

年齢に関係なく、普段は冷静に運転操作ができている人
でも、小さな子供や動物がふと目の前に飛び出してくる
など予想外の事象が起こると、突発的な行動をとってし
まうかもしれません。高齢者の場合はそれに加え、自分
が認識しているよりも年齢とともに聴覚や視覚、柔軟性
が衰えてしまっていることがあります。
「自分は毎日運転しているし、運転歴も長いから大丈夫」
と思っている方もいるでしょう。しかし、歳を重ねて聴覚
や視覚が衰えてくると車外からの情報を認識するまでの
スピードが落ち、その結果として対処動作が遅れたり、
意識したように身体が動かなかったりなどということも
起きやすくなります。
704.jpg
今、ニュースになっているのはペダルの踏み間違いが
多いです。
対策としていわれているのが、かかとを床につけ残りは
ペダルの上に、常にのせておくことだそうです。
ちなみに、急ブレーキや発進の時などにはどのペダルに
するか考えてから踏むことはありません。
無意識の反射対応です。体が覚えたことです。
そのことを考えると、少しでも変な踏み込み方をした
ときは、体がすでに、覚えていないのですから
いわゆる危険な兆候なのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント