台風シーズン・・・

台風接近時には事前に備えを固めることで、被害を
避けたり減らしたりすることができます。

台風の影響があると思われる地域では、まず、家の
外について次の対策をとってください。
警報が出てからでは、危険ですし、遅いかもしれ
ません。早め早めが安全ですし、ゆっくり対応が
できます。無駄になれば、それに越したことはありません。
いずれも風が強くなり大雨が降り始める前に済ませて
おく必要が大事です。

家の外での3つの備え

(1)窓や雨戸はしっかりと閉め、かぎをかける
強風で飛ばされたものが窓を突き破る危険があれば、
窓ガラスが割れたときに破片が飛び散るのを防ぐために、
内側からガムテープをタテ、ヨコ、ナナメに貼っておく
と飛散防止に効果的です。カーテンは閉めておきます。

(2)ベランダの排水口、家の周りの側溝や排水溝を掃除する
枯葉やゴミなどは取り除いておく。水はけが悪いと、
豪雨時にあっという間に浸水被害を招くことがあります。

(3)風に飛ばされそうなものは、しっかり固定するか室内に
収納する。
ベランダに洗濯機を置いている場合は、洗濯槽に水をいっぱい
に溜めるなどして風に飛ばされないようにし、ふたやコード、
ホースはガムテープなどで本体に固定する。
また、ベランダや庭で植木鉢や物干し竿、レジャー用品など
飛ばされそうなものは室内に必ず収納する。
屋外の自転車もカバーをかけていると強風で飛ばされたり
倒されたりすることがあるので、外しておき、あらかじめ
倒しておきます。倒しておくのは雑のように思えますが
有効のようです。郵便受けは一時的にガムテープでふさいで
おくのも方法です。

922.jpg

家の中での3つの備え
次に家の中の備えです。停電や断水などライフラインが
途絶えたときのことを想定して、非常用品を用意して
おくこと。
飲料水や生活用水を確保しておくこと、緊急連絡手段
や避難方法について家族と話し合って決めておくことの
3つの備えが必要です。

(1)非常用品を袋などにまとめておく
避難指示や避難勧告が発表されたときにすぐ持ち出せる
ようにリュックサックのような非常用袋などにまとめて
おきます。
(2)浴槽やバケツなどに水をためておく
ライフラインが止まった場合、電気やガスは蓄えて
おけませんが、水はためておけます。断水に備えて、
浴槽やバケツなどに水をためておけば、トイレ対策等には
非常に有効です。

(3)避難場所や避難経路を確認しておく
家族で緊急の時の連絡手段や方法、集合場所(学校や公民館
など自治体が指定する避難場所)や避難経路について話し
合って決めておく。

「備えあれば憂いなし」と言われます。
できるときに備えをしっかりと固めて、台風の危険から身を
守るようにしましょう。

ただ、注意点として心がけたいのは非常用袋に、必要品だから
といって、日頃から通帳や印鑑、高額なお金などは絶対に入れ
ないことです。
それを泥棒に狙われたらおしまいです。
真に大事なものは、銀行の貸金庫をはじめ方法はいくらでも
あるのですから、対処してください。

台風の警報が出たら、当然ですが、外出はしない。
川や用水路を確認に行くことなどは論外です。
テレビやラジオ、自治体の情報を集め、それに速やかに
従う。

大型台風が頓に増えている昨今です。
注意してください。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント