ひな祭り・・・

今日3月3日は、ひな祭りです。

ひな祭りは、古くは「上巳の節句」「弥生の節句」など
の呼び名があり、五節句(「人日」「上巳」「端午」
「七夕」「重陽」)の一つにあたります。
女の子がいる家ではこの時期にひな人形を飾ることは、
有名です。

303.jpg

ちなみに、ひな祭りの起源は中国までさかのぼります。
昔、漢の時代の徐肇(じょちょう)という男がおり、
3人の女児をもうけたにも関わらず、3人とも3日以内
に死ぬという悲しみにあいました。
それを見た同じ村の人たちが酒を持ち、3人の女児を
水葬にしたことに由来しているとされています。
今の、雅な風情とは真逆な話でした。

それが平安時代になると、「上巳の祓い」に変わり
3月3日には陰陽師にお祓いをさせ、自分の身に降りかか
る災難を紙の人形(ひとがた)に移らせて川に流すことに
なりました。

ご神事にかわったのです。

この厄払いの神事は、今も下鴨神社で行われる「流しびな」
の行事に再現されています。

この紙の人形(ひとがた)が、ひな人形へと発展し、現在の
豪華なひな人形になったとされています。
また、ひな壇を設けるようになったのは、江戸中期からだ
そうです。

ひな壇といえば、男雛、女雛の座られる位置です。

関東では自分から向かって左に男雛、右に女雛を置くと
されます。一般的でしょうか・・・。

しかし、京都は逆です。
向かって右が男雛、左が女雛になります。

これは御所の伝統にならったもので、左大臣・右大臣では
左大臣の方が位が高いように、左が位の高い位置とされて
いるためです。

これは、天皇の紫宸殿は南向きに建てられており、天皇から
見て日が昇る方角(東)は左、ということで、位が高いのだ
そうです。

それから、皆さんも、京都の地図を見たとき変だなと思った
ことはありませんでしたか?

京都の地名「右京区」「左京区」もこれにならったもので、
実際に地図をみると、常識的に見て、左右が逆に思うのも
そういうことに由来します。京は、天皇の都だったからです。

最後に、雛祭りは別名「桃の節句」といいます。
桃の花を飾ったり、桃花酒を飲む習慣があります。
これは桃の木には邪気払いの効き目があるとされているから
です。

鬼を退治する、桃太郎。
やはり、桃です。

同じ由来でしょうか・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント